娘の中学校生活がはじまって、いらなくなったものがあります。

SNSフォローボタン

この春から、娘が中学生になりました。

小学校で必要とされたものが、中学校では不要になります。

中学校生活で不要になったおかげで、洗濯、アイロンがけ、といった家事が少し減りました。

そして、不要になったということは、すなわち断捨離チャンスですよね。

そんな視点から、小学生の持ちものと中学生の持ちものを考えてみました。

スポンサーリンク

中学生になったら、給食でつかわなくなったもの

いままでは、給食セットと呼ばれる、毎日わすれてはならない巾着袋が必要でした。

中身は、この3点です。

  1. ランチョンマット
  2. マスク
  3. ミニタオル

小学校、給食セット、ランチョンマット

ランチョンマットは机に敷いて、給食のトレーをのせます。

マスクは配膳のとき、つばが飛ばないようにつかいます。

ミニタオルは食事中に口を拭くためにつかいます。

このように、つねに3点セットを毎日かならず持っていっていた小学生時代。

娘は、中学になったら持っていかないことに驚いていました。

いらなくなったもの→給食セット

中学生は歯磨きをしない!?

なんと、娘の通う中学校では、給食を食べたあとだれも歯磨きをしていないそうです。

娘は初日こそ歯磨きセットを持っていき、歯磨きをしたそうですが、翌日から持っていかなくなりました。

歯磨きセットとして巾着袋にまとめていたのは、以下の3点です。

  1. 歯ブラシ
  2. 歯磨きチューブ
  3. コップ

歯磨きくらいしてもいいと思うのですが、時間がないのでしょうか?

いらなくなったもの→歯磨きセット

中学生は上履きを毎週持ち帰らない

ありがたいことに、毎週の上履き洗いから開放されたお知らせでした。

ちなみに、娘が通う中学校の上履きは、1日干したくらいで乾くようなしろものではありません。

体育館での体育を見越した、運動靴っぽいごつい上履きです。

春休み中に購入したときには、これを毎週? とわたしはめまいを感じました。

しかし、話によると、娘の通う中学校で上履きを持ち帰るのは、長期の休みまえだけだそうです。

おかげさまで、娘はいままでいちども上履きを持ち帰っていません。

いらなくなったもの→毎週末の上履き洗い

結果、しなければならない作業が全体的に減りました。

思いつくかぎり、こんな感じです。

小学生のための作業

アイロンがけ→ハンカチ、ランチョンマット

洗濯→ハンカチ、ランチョンマット、マスク、ミニタオル、給食セットの巾着袋、歯磨きセットの巾着袋

週末の洗濯→上履き、上履きの巾着袋、手提げバッグ、体操服上下、体操服の巾着袋

中学生のための作業

アイロンがけ→ハンカチ、ブラウス

洗濯→ハンカチ、白靴下の下洗い、ブラウスの下洗い、体操服上下

週末の洗濯→長袖ジャージ上下、長袖ジャージ上下の巾着袋

圧倒的に洗濯物が減っています。

手作業の下洗いは飛ばしてもいいと考えたら、中学生はだんぜん楽です。

文化部希望なのでこれ以上に洗濯物がふえる予定はありません。

まとめ、久しぶりに片づけ作業がはかどります。

ここしばらく、片づけ作業が停滞していました。

それが、娘の中学入学をさかいに、なんとなくモチベーションがあがっているのが自分でもわかるほどになってきました。

どうやら、毎日の家事の軽減と、娘の帰宅時間がいきなり5時半になったからみたいです。

さて、片づけ作業にもどります。

ではまたー。

トップへ戻る