わたしの家にはテレビがありません。

SNSフォローボタン

テレビの断捨離なんて、5年前に終えている40代主婦くまこです。

当時、小学2年生だった娘の夏休みがはじまって、まもない頃でした。

テレビがこわれたのです。

そのテレビを購入してから、2年たっていたでしょうか。

スポンサーリンク

高額な修理代と妻の提案

テレビのリモコン

3万円で購入したテレビの修理代が、2万円。

修理の内容によっては、それ以上かかるというのです。

新品を買えといわんばかりの修理代です。

わたしは夫に提案しました。

テレビを買うのはいつでも買える、でも、せっかくだからテレビのない生活を過ごしてみない?

提案といいつつ、ごり押しです。

テレビなんてなくなってしまえば……

なにしろ、わたしはテレビが故障するしばらく前から、娘のテレビ視聴態度にうんざりしていたのです。

朝起きて、テレビつけて、ゴロ~ン。

これから小学校に行くというのに、それはないよ……。

それもこれも、テレビがあるから。

テレビこそ諸悪の根源。

テレビなんてなくなってしまえばいいのにッ。

テレビイメージ

それで、わたしたち4人家族はこわれたテレビをもったまま、大型家電店をあとにしました。

テレビを捨てたら、テレビ台もDVDも処分できた

その後、こわれたテレビは、2年後、いよいよテレビを買わない覚悟ができたらしい夫の同意のもと、ようやく大型家電店に持ち込まれ、500円のリサイクル料金(当時)と引き換えに、わが家から去ってゆきました。

そして、テレビ台のうえがすっきりしました。

もちろん、テレビ台はわたしの手によって破壊され、可燃ゴミとして回収されたのです。

テレビ台は学生時代に、夫がわたしから5000円の借金をしてリサイクルショップで購入したものでした。

テレビテレビ台、テレビ台の棚の中のDVDなどが処分できました。

テレビはないのに、なぜか残されたもの

ただ、その際に、ブルーレイディスクプレイヤーをリサイクルショップに持ち込もうと提案したところ、夫の抵抗にあいました。

だって、テレビがないわけですから、ブルーレイディスクプレイヤーもいらないでしょう?

でも、夫は捨てられなかった。

思うに、ブルーレイディスクプレイヤーを買ってから半年たたずにテレビが故障して、もったいないという気持ちがあったのかも。

さらに、まだテレビを買う可能性を信じていたのかもしれない。

そのときになってまた買い直すなんて、もったいないの真骨頂だ、と?

その後の仁義なきブルーレイディスクプレイヤー

ではそれから、ブルーレイディスクプレイヤーがどうなったか、と申しますと、3年を過ぎたいまも、夫の管理するFitsの引き出しのなかに眠っております。

エアクッションに包まれたまま、忘れ去られています。

ま、そんなもんですよね。

ではまたー。

トップへ戻る