プリンの最後のひとくちを子供に分けあたえることができるだろうか?

SNSフォローボタン

あるとき、ある専門資格を持っている女性とお話をしたときに。

その女性Hさんの一人娘は、当時中学生。

わたしの子供は、まだ娘が幼稚園児で、息子は生まれていませんでした。

スポンサーリンク

プリンの最後のひとくちで、自分の大人度をはかる

プリンイメージ
Hさんとおたがいに子育てについて、自分たちの未熟さを反省しているときに、ふと。

「そういえば、子供に、自分の最後のひとくちのプリンをあげるようになって、自分も大人になったなー、と思ったんです」

と、わたしがいったのでした。

Hさんも、「あー、わかります」と同意。

えー、ちなみにわたし、当時35,6歳だったと思います。

たかがプリン、されどプリン。

自己犠牲、といったらおおげさですがー。

自分の欲望を、プリン欲を、犠牲に。

プリンを自分の口の中に入れるよりも、プリンを食べている娘を見ているほうがしあわせ。

そういう境地です。

だって、わたしはきみたちよりずっと多くのプリンを食べてきた。

ぷっちんプリン、牛乳プリン、クリームののったプリン……、いろいろな種類のプリンをきみたちよりもずーっと多く食べてきたんだ。

もういいんだ、もういいんだよー。

いちおうバブルも経験しているし。

アラフォーなので、子供に多めにわけてあげる必要があります

そんなこともあって、プリンとか、ケーキとか、アイスとか、自分でぜんぶ食べる、という気持ちはなくなりました。

もう何年もアラフォーやってますからね。

子供にひとくち食べる? って聞いて、ざっくり多めにスプーンで分けてあげる。

息子は単純によろこぶ。

娘の目が丸くなって、「いいの?」って顔になる。

娘(中1)にも息子(小2)にも、そんなふうにしておなじように多めに分けてあげます。

いやー、だって、40歳を過ぎるとほんとうに、いままでとおなじにしていたら、なぜか体重が増えていく現象がおこるんです。

ふしぎ~。

ではまたー。

トップへ戻る