断捨離として未使用切手を寄付するとこんなふうに封書が届きます。

SNSフォローボタン

寄付する団体にもよるのかと思いますが。

わたしが十数年来、使用済み切手や未使用切手、未使用テレカ、海外のコインなどを寄付しつづけている先はこちらです。

JOCS日本キリスト教海外医療協力会

日本キリスト教海外医療協力会 JOCS – Facebook

スポンサーリンク

寄付すると受領書が届きます

先日の未使用切手、未使用テレカの寄付にたいして、このような書面が届きました。

未使用切手の寄付

いいことしたなー感、を感じる文面でございます。

未使用切手を寄付して寄付金控除を受ける

書面の金額の2400円のなかに、未使用テレカ分は含まれません。

なぜかというと、未使用テレカは寄付金控除の対象ではないからです。

寄付金控除の対象はこちら↓

寄付金控除対象

今回の2400円というのは、寄付金の控除対象になる未使用切手の分です。

未使用テレカは寄付金控除の対象にならないので、金額に含まれません。

寄付金控除対象にならないもの

未使用切手の場合、寄付金控除の対象になるので、領収書を発行してくれるのです。

この領収書を確定申告のときに添付するというわけです。

昔の手紙類を断捨離するときに、使用済み切手を切りとって寄付する

そして、この領収書が送られてきた封筒にも注目です。

未使用切手を寄付

この切手が貼られている部分は、切りとって保存しておきます。

最近は封筒でのやり取りが少なく、使用済み切手もなかなか集まりません。

それでも、1年か2年たつと、使用済み切手もそれなりの量がたまるので、まとまったら寄付しています。

こんなふうに寄付する先が決まっていると、思いたったときにすぐ送れます。

わたしは切手部分を切りとってから、古い手紙類をぜんぶ断捨離しました。

ではまたー。

トップへ戻る