フォーマルセットは成人してから数回にわたるお葬式に参列してそろえました。

SNSフォローボタン

はじめてお葬式に参列したのは中学生のときでした。

もちろん、学校の制服での参列です。

その後、従姉からスーツを借りて参列したり、帰省途中の道すがらしまむらで喪服を買ったりして、急場をしのいできました。

こうしたものは、事前に用意しておくものではない、といいます。

しかし、用意がないとあわてて買うことになります。

スポンサーリンク

ブラックフォーマルはひとそろいあると安心

ブラックフォーマル小物

ここ数年、わたし自身が葬儀に参列する機会が増えました。

それで、だいたいひと通りそろいました。

  • 夏用の半袖の喪服
  • 長袖の喪服用ジャケット(しまむら、ワンピースは処分)
  • 黒のフォーマルバッグ(卒業式、入学式にも使用)
  • 薄紫色の袱紗(バッグに付属)
  • 数珠(バッグに付属)
  • 黒ストッキング
  • 黒い扇子
  • 黒い長手袋
  • 黒いレース付ハンカチ
  • 黒いシュシュ
  • ダイヤカットのジェットのネックレス
  • フォーマル用パンプス(9年もの)

フォーマルバッグは、断捨離したあとの決断でした。

息子の卒園式に向けて購入した、またしてもイベント買いです。

購入には迷ったのですが、卒業式、入学式にも使っています。

最近の卒入学にフォーマルバッグは少数派ですが、地域性のあることなので……。

いまどきは、お葬式の際のバッグも靴も、「昔ほどうるさくいわれないから」と田舎暮らしの母がいっていました。

若い人が参列をしている様子をみると、ふだん使いの地味な黒いバッグを持っています。

半袖の喪服に関しては、真夏のお葬式に参列したことがあり、どうしても必要でした。

一見、上着と2枚重ねに見えるワンピースです。

胸の横にファスナーがあり、脱ぎ着のしやすい1着です。

半袖の喪服があるので、長袖ワンピースは対の上着を残して断捨離しました。

フォーマル用の小物は、まとめてバッグの中に入れて収納しています。

種類ごとの収納ではなくて、用途ごとの収納です。

いざというとき、落ち度のないように、まとめておくと安心です。

ではまたー。

トップへ戻る