子供の成長に合わせてスプーンを買い替えました。

SNSフォローボタン

キッチンの断捨離をしてから、3年たちました。

いままでカトラリーは買い替えることなく、必要に応じて子供のものを増やすていどでした。

しかし今年になって買い替えたもののひとつに、スプーンがあります。

すこし大きめのティースプーンです。

買ったのは4本。

今年の春、中学生になった娘の成長にそなえて、いずれ……と思っていましたから、4本です。

シンプルなかたちで、表面にキズのめだたないつや消しタイプを選びました。

小2の息子にはまだすこし大きいと思うのですが、あたらしいものに敏感なので、4人いっしょにおなじスプーンをつかうこともあります。

スポンサーリンク

子供の成長に合わせたカトラリーの考え方

これからの娘は、もう大人とおなじサイズ。

わたしを越えて、さらに成長していきます。

カイボイスンのラージティースプーン。つや消し。先端。

子供用に用意したカトラリーはすこしずつ出番をうしないます。

娘は小学校高学年の頃から、大人とおなじ食器をつかうときに、ちょっぴり誇らしさを感じていたようです。

娘用のプラスチックのコップを処分したのは、いつの頃だったでしょう。

大人とおなじコップ、大人とおなじスプーン、と娘のつかうものが子供用から大人用にかわっていきます。

そんなささいな成長さえも、さみしいような、うれしいような気持ちになる40代主婦です。

もう身長は追い抜かされていますからね。

あたらしいスプーン4本は、夫が学生時代に買った3本200円のスプーンと交換しました。

ラージティースプーンというだけあって、すこし大きめ、すこし深めです。

ふちが角ばってないせいか、口に入れて、なめらか。

シンプルなつくりのカイボイスンのスプーンは、食卓にすんなりと溶け込みました。

ではまたー。

トップへ戻る