断捨離してゴミ箱を大きなものから小さなものへ替えました。

SNSフォローボタン

断捨離するまえは、30Lのゴミ箱に45Lのゴミ袋をセットして使っていました。

当時は週に3回の可燃ゴミの回収があり、紙おむつを使っていた時期は週に3回かならずゴミを出していました。

布おむつを使いはじめて、ゴミの量が減ったにもかかわらず、ゴミ箱は大きいままでした。

大きくて便利に使っていたゴミ箱を、見直したくなったのはそのころです。

地方自治体のゴミ収集の方法が変わったのをきっかけに、ゴミ箱を小さくしました。

スポンサーリンク

ゴミ箱を小さく、30Lから12Lへ

ブラバンシア10-12L

いまは12Lのゴミ箱に10Lのゴミ袋をセットしています。

週に2回の可燃ゴミの回収に、2回きっちり出せば困ることはありません。

ときどき、大物を処分したいときは45L、20Lのゴミ袋を買っておくこともあります。

いま住んでいる地域では、毎週1回資源ごみの回収があります。

新聞紙、雑誌、衣類の回収のほかに、雑紙(ざつがみ)の回収がはじまりました。

雑紙には、お菓子の空き箱など、いままで可燃ゴミとして回収に出していたものがふくまれます。

たいていの紙ゴミは、雑紙として回収に出せます。

個人情報がのっているものや、表面が加工されたものは、雑紙回収には出しません。

小さいものだと、洋服についていた値札なんてものまで、雑紙として回収に出せちゃう。

おかげさまで、可燃ゴミの量がだいぶ減らせました。

そのかわり、うちが出すゴミ袋はどっちり重いです。

見た目以上につめ込んでますよー。

ではまたー。

トップへ戻る