断捨離がはかどったのはこの道具のおかげです。

SNSフォローボタン

断捨離、断捨離とはしゃいでいたとき、わたしは多くの家具をこの手で解体しました。

おかげでたくさんの家具を可燃ゴミ、不燃ゴミとして捨てることができました。

粗大ごみとして捨てていたら、何十倍ものお金がかかったことでしょう。

さいきんは活躍していないのですが、これがなかったら、わたしの断捨離ははかどりませんでした。

使いこまれたこの1本、金属が切れるノコギリ、ハイスパイマン P1.4です。

スポンサーリンク

ハイスパイマンP1.4とともに解体して断捨離したもの

Z ハイスパイマン P1.4 金属切断用鋸

これで、まず、どんなものを解体して断捨離していったかというと……。

おぼえているかぎりですが、こんな感じです。

  • キッチンラック
  • スチールラックの棚板3枚
  • スチールラックのポール4本
  • 大きい棚3個
  • 三輪車
  • ダイニングチェア4脚
  • テーブル2台

書きだしてみると、すくないですね。

可燃ゴミ袋の45Lってけっこう大きくて、わりとそのまま入ってしまうんです。

不燃ゴミは20Lだったから、けっこう、ぎりぎりの大きさで入れました。

スチールラックの棚板、ポールは1回の切断で袋に入るように、長さを確認してからノコギリの歯をあてました。

スチールラックのポールまで、ハイスパイマンで切れてしまうのにはおどろきました。

上にあげた7点は、ぜんぶわたしがノコギリで切っています。

ものによっては、ハイスパイマンであるていど切ってから、エイッと体重をかけると、そのまま折れるので時間の短縮ができます。

夫はマジックソーとかいう、なんでも切れるというふれこみのノコギリを買いましたが、つぎつぎと歯が折れて、ダイニングチェアを切るのをあきらめていました。

5千円近くしたくせに、その性能かッ、と思った記憶があります。

ハイスパイマン1本で粗大ゴミ代金がかなり節約できました。

当時千円もしなかったのに、このノコギリよくがんばった。

これがなかったら、大型家具とか、ぜんぶ粗大ゴミに出していたかもしれないです。

なれない解体作業で、けがをしたり、筋肉痛になったりもしましたけど。

スチールラックの解体なんて、むちゃだなーと思ったけど、わたしがハイスパイマン P1.4で切っちゃったし。

まー、なんとかなるものです。

ではまたー。

トップへ戻る