夫にからっぽのダンボール箱を捨てさせた妻のひとこと。※虫話注意

SNSフォローボタン

わたしたち夫婦は、結婚してから2回引っ越しました。

1K→2DK→3DK

あきらかに広さを求めた引っ越しです。

だって、いまや、家族は2倍になってますからね。

2人→4人

荷物だって、2倍になっていてもおかしくない。

引っ越しはいいね。引っ越しはものを減らしてくれる。シンプルライフへと駆りたてる断捨離極みだよ。

そんなわけで、いまのアパートに引っ越すとき、捨てたものもありました。

でもね、おぼえています。

かつて、1K→2DK→3DKと、2回引っ越ししているあいだにも、捨てることのできなかった、からっぽの箱があったということを……。

スポンサーリンク

義母の言葉をまじめに守る夫

ダンボール箱イメージ

夫は、からっぽのダンボール箱を捨てられなかったのです。

というのも、実家から送られてくる米や野菜の入っていたダンボール箱を、「また、つかうからとっておいて」と実家からいわれて、まじめに取っておいたのです。

押入れのダンボール箱を捨てたのは、2013年の絶賛断捨離中のときでした。

わたしが夫に「押入れにたまっている、空のダンボール箱を捨てさせてほしい」とお願いしました。

夫は、そのとき、「でも、だって……」と、実家からいわれていることを、くり返しました。

でも、でも、だって、わたしには必殺のひとことがあったのです。

「ダンボール箱にはGがひそんでいるらしいよ」

虫ぎらいの夫に、このひとことは効いた。

あっさりと捨てる許可がおりました。

中身を出したら箱は捨てる習慣

その後は、実家から送られてくる米や野菜の入ったダンボール箱は、中身を取り出したあと、すぐに捨てるようになりました。

あたりまえのことが、やっとできるようになったのです。

いま考えてみると、押入れのなかにダンボール箱を取っておくなんて、よく続けていたものです。

夫の実家みたいに、大きな物置がある家ならともかく、アパート暮らしですから。

いまは、あいたスペースがあっても、空のダンボール箱を5~6個も置いておきたくないです。

箱はいらない、中身が大事。

田舎からのお野菜、おいしくいただいています。

ではまたー。

トップへ戻る