テスコムの電動バリカン、スキカットで子供の散髪をしてみました。

SNSフォローボタン

娘(中1)も息子(小2)も、あたりまえのように、わたしが髪を切っています。

いままで使っていたのは、ふつうのハサミとすきバサミの2本でした。

娘のロングヘアは、2本のハサミで十分です。

しかし、息子の髪はもっとスッキリ刈りあげたいッと思っていました。

そこで今年の春に買ったのが、テスコムの電動バリカン、スキカットTC420です。

スポンサーリンク

わが家の散髪セットはこれです

テスコム電動バリカン、スキカットTC420

スキカットには複数のアタッチメントなど、付属品が多いです。

ダイソーの手さげボックス(写真上部)にぜんぶまとめて入れています。

ハサミ2本と黒いヘアクリップ以外は、スキカットの付属品です。

黒いハサミは、ふつうのハサミです。

透明の持ち手のハサミが、すきバサミです。

お風呂で使っているうちに、ちょっとさびてしまいました。

自宅散髪には散髪ケープが便利

ダイソー、散髪用のケープ

散髪用のケープは、ダイソーなどの100円ショップで買って、使い捨てにしています。

ケープをつけるまえに、いらないタオルか手ぬぐいを首に巻いて、すきまから髪の毛が入りこむのをふせぎます。

子供って髪の毛のチクチクをいやがって、モゾモゾ動くんですよね。

タオルを巻くのも、いやがられたりしますが。

スキカットに対する期待と不安

息子のえり足を刈りあげるには、バリカンが必要でした。

じつはわたしの実家では、父が手動のバリカンを使って兄たちの髪を切っていたのです。

わたしにだって、やってやれないことはない。

でも、正直なところ、電動バリカンはこわかったです。

手動のバリカンとちがって、手加減なしに、いっきに刈ってしまうようなイメージで。

スキカットで、とりかえしのつかないトラ刈りになったら、どうしよう……。

夫はいざ知らず、息子にトラ刈りはゆるされません。

たいへんな緊張とプレッシャーのなか、わたしはスキカットを手にしました。

しかも、息子の頭に手をつけるまえに、夫の頭……ちょっと、やっちゃいまして。

ちからを入れて、グッとやらないほうがいいな、なんてことは思ったわけです。

なんていうか、こう、上に向かって、ちからを抜いていく感じ。

動画を見て、イメトレをして、夫の頭で練習して、いよいよ本番(息子)です。

緊張しつつ、もみあげを思い切って刈りあげて、こっそりツーブロックに。

さらにハサミで苦労していた、えり足です。

もうね、えり足の処理はすごーく、らくになりました。

いままで、必死にはさみで切っていたものですから、1/10の時間で仕上がってしまって感動ものでした。

だって、へたすると2日に分けて(息子が飽きるから)、1日目に前髪とサイド、2日目にえり足、なんてことさえあった。

それが、ほんとうに、うそみたいに早い早い。

ハサミを使った前髪のカットには時間がかかったけれど、キノコヘアの完成です。

もみあげとえり足を刈りあげたら、いつもよりスッキリ感がアップしました。

ハサミでは、こうはいかないので、すごくよい!

テスコム電動バリカン、スキカットTC420

付属のアタッチメントは6㎜と9㎜を使用

もうちょっと時間をかけて、長いところを切りたい気持ちもあったのですが、息子のガマンの限界です。

いままでハサミで必死に切っていた(しかも、途中で息子が飽きて動く)のが、あっというまに終わりました。

前髪はあいかわらずだけど、うしろの刈りあげが、あっというま。ま。ま。

4、5回うごかして、ちょっとかたちととのえて、おしまい。

電動バリカンで刈り上げた

うぶ毛はそのままですが、すごーい、かんたん、きれい。

コツは、きっちり押さえつけるんじゃなくて、上にむかって長くなるように力をぬいていく感じ。

水洗いできるから本体掃除もかんたん

スキカットの水洗いって、なんだかこわかったです。

でも、夫にいわせると、電気ひげそりもいっしょだから、といって、ジャバジャバ洗ってくれました。

わたしも、まねっこして、スキカットの本体を分解しつつ水洗いをしました。

ただ、どうしてもこまかい髪の毛までは取りきれません。

付属の小さなブラシで、ちょこちょこかき出して、水で流しておしまいです。

よく乾いたら、スキカットの刃の部分に付属の油をさして、手さげボックスにしまいます。

その後、付属の油がなくなってからは、ミシン油を使っています。

スキカットで夫の頭を失敗した理由についての反省

夫の場合は、全体にみじかいから、かげんがわからなくてー、ですね。

電動バリカンを持ったときに、人はなぜ、ど真ん中から刈っていこうとするのか?

われながらびっくりしました。

いやー、いきなり、スキカットでど真ん中を刈っちゃって。

もう、とりかえしがつかないじゃないか。ハッハー

うしろだから、本人には見えないんだけど。

まー、やばかったよね。

すぐ伸びるからねッ。

とりあえず、はじから様子をみつつ刈っていこうぜ、忘れんな。

と、自分にいい聞かせておかないと、また、ど真ん中にいきそう。

もっときれいに仕上げるならば、アタッチメントなしでうぶ毛をそる

息子の場合、えり足周辺のうぶ毛は、ほわほわさせたまま放置しました。

さらに、うぶ毛をアタッチメントなしで外側からととのえてあげると、きれいな仕上がりに見えます。

仕上げのカミソリのかわりですね。

大人だったらなおさら、えり足周辺をアタッチメントなしで処理すると、だんぜん見ばえがよくなります。

スキカットを使うとちょいちょいって、刃をあてるだけできれいに切れちゃうから、あっというまです。

丸坊主だったら、もーっとかんたんだと思うのですが、息子は坊主はぜったいヤダというので。

これから夏に向けて、いままでよりもこまめに散髪していきます。

ではまたー。

トップへ戻る