三角コーナーを使わないかわりに、こまめに捨てています。

SNSフォローボタン

三角コーナーに関しては、1人暮らしのときから、いままでずっと、使ったことがありません。

なぜって、実家の三角コーナーがオエーッだったからです。

伝わりましたでしょうか?

そういう昭和の台所を見てきたので、三角コーナーを買いたいと思いつかなかったのです。

三角コーナーを置けば、不潔になる。

わたしには三角コーナーを清潔にたもつ自信がない。

だから、置いていません。

シンクに三角コーナーを置かない

三角コーナーを使わないかわりに使っているもの

わが家では、生ゴミは直接ビニール袋に入れて捨てています。

果物の皮とか、野菜の皮が大量に出る、とわかっているときは、いったんボウルに集めておいて、ちょっと水を切ったらビニール袋にポイです。

食べ残しも、直接ビニール袋に入れて、ゴミ箱にポイです。

いまにして思えば、わたしの実家は、生ゴミを庭のすみに埋めていたのかもしれないです。

祖母の生きていた頃は、そうだったのかも。

以前、このブログでも書きましたが、まだダイオキシンがさわがれていなかった頃、わたしの実家では、祖母がゴミを燃やしていたんです。

そういう生活をしていたから、生ゴミは、きっと庭ですね。

三角コーナーを使わないから、こまめに捨てる

わたしは三角コーナーに生ゴミをためている実家の流しがいやでした。

だから、三角コーナーを置かないキッチンにしています。

どうやら、実家の台所がわたしにとってのキッチンの原風景であり、正直なところ、いまでも嫌悪感をいだいております。

そういう思いがございまして、キッチンに三角コーナーを置かないわけです。

ですから、生ゴミを入れたビニール袋はさっさと捨てます。

タイミングにもよりますが、へたすると1日に5、6回捨てることもあります。

ビニール袋がもったいない。

そんな考えが頭のすみをよぎることもありました。

でも、それよりも、視界にゴミのないキッチンを保つほうが、わたしにはたいせつです。

三角コーナーを使わない、わが家の生ゴミのゆくえ

わが家の生ゴミの流れには、3つあります。

  1. 生ゴミをそのまま、ビニール袋に入れる。
  2. 大量の生ゴミはボウルにまとめてから、ビニール袋に入れる。
  3. こまかい生ゴミはシンクに流して、排水口のネットに集めてから、ビニール袋に入れる。

そうして、ビニール袋に入れた生ゴミを、ゴミ箱に捨てます。

ボウルにまとめたり、排水口のネットにまとめたりする作業が、三角コーナーのかわりを果たしています。

今後も、わが家に三角コーナーが登場することはありません。

いや、もう、ほんとうに三角コーナーは置きたくないのです。

もし、実家の三角コーナーが清潔だったら、使っていたかもしれないですが。

ではまたー。

トップへ戻る