4Kに家族7人が暮らしていたときのこと。

SNSフォローボタン

そういえば、わたしの実家には昔7人の家族がいました。

そして、家は4Kでした。

そのうちのひと部屋は、祖母の部屋です。

すると、祖母以外の家族の部屋は、3Kです。

そこに夫婦と子供が4人。

スポンサーリンク

子供4人の子供部屋は?

ちゃぶ台イメージ

もちろん、子供1人に部屋ひとつ、なんてありません。

そういえば、どうしていたんだっけ? と、思い出したのは、こんな部屋わりでした。

兄1と兄2の部屋は6畳一間の半分を半分こして、背中合わせに勉強机が置いてありました。

6畳一間を半分、ではなく半分の半分こですよー。

兄3とわたしはもちろん、部屋がなく、居間にある本棚の1段を自分のスペースとして持っていました。

本棚のスペースは、小学校に入学してから与えられたスペースだったと思います。

そのほかに、棚についた引き出しを2ヶ所、わたしが使ってよいことになっていました。

その後、母の就職とバブル時代のおかげさまで、家は増築されました。

でもわたしが自分の部屋を手に入れたのは、高校生になってからでした。

そりゃあ、子供たちはさっさと家を出ていきたくなるよね。

子供の部屋を快適にしすぎてはいけない、子供が出ていかなくなる、っていいます。

実家での生活を思い浮かべると、よくわかります。

全員、出ていきましたから。

でも、それでよかったんです。

実家なんて、もどりたくないくらいがちょうどいいです。

ではまたー。

トップへ戻る