手作りの布バッグがたくさん出てきました。

SNSフォローボタン

いま中1の娘が、幼稚園に入園するときには、いろいろと布バッグを手作りしました。

通園バッグやきんちゃく袋には、裏地をつけると汚れが落ちやすい、と聞いて、コップ入れ用の小さなきんちゃく袋にまで、裏地をつけたのです。

幼稚園の年少から使いはじめたコップ入れやうわばき入れは、小学校卒業まで使いました。

子供用に手作り布バッグの山

娘のときは、名前を消しゴムはんこで作りまして、布テープに押して、いろいろなものに縫いつけたのです。

アイロン付けの布テープもありますが、だんだんとはがれてきて、けっきょく縫ってました。

いま思うと、めんどうなことをひとつひとつ仕上げていたんですよね。

すごく思い入れがあるような気がしてきて、われながらコワイ。

娘に手作りした布バッグの類が山ほど

ほんとうに布の山です。

よくぞ、こんなに縫ったな、と思います。

長いものでは9年も使っています。

わたしは布が好きです。

断捨離のとき、思い知ったのは、わたしは子供を理由に買い物をしていたということでした。

よく、ハギレを買っていました。

そして、捨てた捨てたッ。

未完成のもの、使うあてのない布、使い道のない布、たくさん捨てました。

もう買う気にならんよね。

でも、値段によっては買いたくなってしまうのが、わたしにとっての布です。

だって、くさらないし。

思うにわたしは、手芸の得意なママっぽいなにか、になりたかったみたいです。

子供にたのまれると、はいはいっていって、ミシンでカタカタカタッと縫っちゃうような。

そういう手芸の得意なママっぽいなにかです。

まー、もういいかな。

以前だったら、ヒモをはずして取っておいたかもしれないのですが、もう、娘にきんちゃく袋は縫わないだろうし。

赤いヒモは、さすがに息子には使えません。

防災頭巾カバーも、中学校では使わないので捨て……、ですね。

捨てます、と言いきらないと未練がましく、保管してしまいそうな気がします。

自分が作ったものだからでしょうか?

娘が9年間も使ってくれたものだから?

手作りの布バッグって、思い出の品ジャンルですね。

娘は手作り布バッグがあたりまえと思っているみたい

つぎにつくるのは、トートバッグの予定です。

なぜか、娘には布のバッグを買うという考えがないみたいです。

ダイソーにだって売っているのだが……。

布バッグはわたしが作るものだと思っているっぽい。

あたらしいものを持たせて、古いのは断捨離。

ではまたー。

トップへ戻る