私服を制服化して衣更えをしないワンパターンファッションで過ごしています。

SNSフォローボタン

自分の持ち服についてメモするようになったのが2011年です。

熱心に書きとめた年とそうでない年もありましたが、この3年ほどは見比べてみても、それほどの変動はなかったりします。

今年の買いものは、靴と靴にあわせた靴下(フットカバー)です。

去年、半袖ブラウス2枚と白いデニムパンツ1本を買ったので、夏ものはもう買いません。

この2、3年はユニクロのパックTシャツや500円以下のTシャツを見つけて買っていたのですが、生活が変わったので、今年は買わなくて済みそうです。

スポンサーリンク

衣更えをしなくてもいい理由

私服の制服化、ワンパターン

外国では衣更えをしない、なぜなら服をかさねていくだけだから。

そんな話をどこかで読んだことがあります。

つまり、こういうことです。

  • Tシャツ(夏)
  • Tシャツ+シャツ(春夏)
  • Tシャツ+シャツ+セーター(春夏秋)
  • Tシャツ+シャツ+セーター+ジャケット(秋冬)
  • Tシャツ+シャツ+セーター+ジャケット+コート(冬)

3シーズン、4シーズン着られる服を持てば、服全体の数が減らせます。

季節によって、多少の素材の違いはあるにしても、1年を通じておなじ服を着ているなら衣更えはいらないのです。

この話を読んだときに、頭に思い浮かんだのが、夫ファッションでした。

夫の場合、Tシャツ+長袖シャツ(春)→Tシャツ+長袖シャツの腕まくり(初夏)、Tシャツ(夏)→Tシャツ+長袖シャツ(秋)というように、腕まくりという小技を駆使しつつ、おなじ服を着つづけているのです。

夫の私服はほぼそのくり返しです。

なんというか、夫婦ともどもファッションにはあまり縁がないのです。

衣更えをしなくていいように変えていったこと

服の枚数を減らそうと考えたときに、わたしがやってみたのはこんなことです。

クロップドパンツ時代に終わりをつげ、パンツは1年を通じてはけるフルレングスにした。

上着は基本的にカーディガンで、寒くなったらアームウォーマーをこっそりつける。

自分の服の方向性を、田舎のじみな女教師ひとつにまとめて、民族調の服をぜんぶ捨てた。

服の方向性を決める、というのは地味に有効な方法です。

方向性がばらばらだと、そのぶん服が増えます。

ロックならロック、フェミニンなんか切り捨てろってことです。

服の色は、白、黒、紺、灰色。

服の色が限定されていくと、着る服がどう組み合わせても平均的になっていきました。

私服がワンパターンになり、いわゆる私服の制服化が実現できました。


フォーマルは別枠に考えています

フォーマルに関しては、切り捨てられない場合があるので、別枠に取っておいてもいいと思います。

わたしはこの2年間に、卒園、入学、卒業、入学とありましたが、ぜんぶおなじ服装で参加しました。

毎回変えたのは、生花でつくるコサージュです。

これ、趣味ってことで、素人なりに、たのしく作っています。

造花コサージュは断捨離しちゃったんで、どうしようか、またイベント買いしちゃうのか、って悩みました。

でも、今年の中学校の入学式は、そもそもコサージュ自体つけている人が少なかった気がします。

ではまたー。

トップへ戻る