小学校の持ちものでは「使い捨て」とわり切って買いものをするときがあります。

SNSフォローボタン

使い捨てだから、といって、ほんとうに捨てられますか?

つかい捨てるつもりで買っても、壊れてないし、まだ使えるし、と後生大事に取っておいたりしませんか?

壊れていない、新品同様のきれいなものを捨てるのって、けっこう勇気がいるものです。

だから、使い捨ての買いもの、この場だけの買いものってしたくないのです。

なのに、はい、ダイソー。2点お買い上げです。

スポンサーリンク

小学校で指定された持ちものはわり切って買います

虫カゴ、魚すくいアミ、ダイソー

小学校にかよっていると、「○日までにこれを用意してください」というお知らせのプリントが来ます。

今回は、プール掃除前のヤゴ取りです。

  • 濡れてもいい服、上下
  • 濡れてもいい靴
  • 足を拭くタオル
  • ヤゴを捕まえるアミ
  • ヤゴを入れる虫カゴか2Lのペットボトル

ざっと、こんなものを用意せよ、とのお達しです。

娘のときもプールの清掃前にヤゴ取りがありました。

娘のために、ダイソーでアミを買い、2Lの水を買って、飲んで、空にしたのを半分にカットして、下半分の口にぐるっとテープを貼って(けがをしないように)持たせました。

そしてその年、ヤゴは数が少なくて、娘は手ぶらで帰ってきました。アーッ

それでも、持たせるものは持たせなきゃいかん、てことで、今年は早めにダイソーに行きました。

娘のときは、小さいアミしかなくて、こんなんでいいのかなーって感じがしましたが、今回は手ごろな大きさのアミが買えました。

虫カゴは、中サイズが300円(!)だったので、小サイズを買いました。

2Lのペットボトルでもいいなら、小サイズで十分でしょう。

小学校のイベントや工作のために用意しておくもの

小学校のイベントや工作では、たびたび家庭で用意するものがあります。

娘の6年間を振り返ると、だいたいこんなものを持っていってました。

  • お菓子の空箱、ティッシュの空箱など、とにかく箱
  • 食品トレーなど、水に浮かぶもの
  • 水を入れるための容器
  • 作ったものにかざるリボン、モール、ボタンなどの装飾キラキラ
  • 2Lのペットボトル
  • スーパーのレジ袋
  • 手さげの紙袋

いま2年生の息子も、ほぼおなじです。箱~。

学年があがると、家から持っていく工作の材料はほぼなかったです。

でも、レジ袋、紙袋は急にいわれることがあって、正直こまります。

いまどき、スーパーは買いもの袋持参のことが多くて、もらう機会が少ないんですよー。

自宅のゴミ袋としても使うじゃないですかー。

さて、小学校でも家庭の都合は心得ていますから、必要なものは早めに連絡してくれます。

今回も、またわざわざ買わなくちゃいけないのー、と思いましたが、買うしかないので、買います。

そういうものだと思って、買います。

そのへんは、もう、子供いるからしかたない、わり切って買います。

二人目なので、さくっとわり切って、今年はさっさと買いました。

おなじ時期にみんながおなじものを買い求めるので、どうせ買うなら早いほうがいいです。

ってことだなー、と手ごろな大きさのアミを買えた今年、実感しました。

ではまたー。

トップへ戻る