あかい海苔のなぞを求めて。

SNSフォローボタン

大人になっても、ふとしたときに思い出す子供の頃の記憶があります。

子供の頃に見た、ふしぎなもののひとつに「赤い海苔」がありました。

わたしが小学校にあがるまえです。

祖母がつくったおにぎりに、赤い海苔が使われていたのです。

おにぎりイメージ

そして、その赤い海苔はおいしくなかったのです。

おにぎりそのものをおいしくないと感じさせるくらいに、おいしくなかったのです。

わたしが「おいしくない」といったので、祖母がこまった顔をしていました。

たったそれだけのことなのですが、こんなにおいしくない海苔が売られているのか、と子供心にふしぎに思ったものですから、なんとなく、ずっと記憶にのこっていたのです。

あんなにおいしくない海苔を、いったいどこでつくっているのだろう、とふしぎでした。

そのなぞが解けたのは、つい数年前のことです。

断捨離まっただなかだったでしょうか。

はっきりいつとは覚えていませんが、食器棚の下の戸棚に、赤い海苔が入っていました。

そう、わたしの記憶にのこる赤い海苔とは、「しけた海苔」のことだったのです。

この世の中に、あんなにおいしくない海苔を売っている海苔屋さんなんて、なかったのです。

ただ祖母が、しけた海苔を巻いたおにぎりを、孫に食べさせようとしただけだったのです。

ものを捨てられない祖母らしい話です。

しけた海苔をもとに戻すことはできませんが、佃煮にするとよいらしいです。

わたしはまるまる捨ててしまいましたけれど。

わたしが食べきれなかった、あのおいしくないおにぎりを、祖母はどうしたのでしょう。

捨てられない祖母のことだから、あのあと、やはり食べたのかもしれない。

でも、あの海苔はさすがにはがして食べたのではないか、と。

だって、しけた海苔の巻かれたおにぎりは、子供心にもほんとうにおいしくなかったんですよー。

ではまたー。

トップへ戻る