調味料を入れていた棚を捨てます。

SNSフォローボタン

気になっていたシンク下の収納を見直して、ものを移動したら、調味料を入れていた棚がいらなくなりました。

シンク下の収納で気になるところを見直してみました。

ものの位置を変えたのは久しぶりでした。

気になっていた米袋の場所を変えられたのが、いちばんの収穫です。

あと、やっぱり、捨てなきゃいけないものが出てきました。

スポンサーリンク

断捨離すると、入れものがいらなくなる

4人家族、断捨離、シンクの下の調味料棚

あたりまえですけど、入れものってものを入れるための存在ですよね。

だから、ものがなくなったら、入れものはからっぽになって、いらなくなりますよね。

用済みってことです。

残酷なようだけど、あなたはもう用済みなの。

そういうことです。

きびしいけど、そういう判断をしてあげるのです。

いままでがんばったねー、ありがとうねー、みたいな声かけをしてもいい。

だが、捨てる。

いらなくなったら捨てていい、ってことを徹底的に自分の考え方の癖にしていきます。

4人家族、断捨離、シンクの下の調味料棚

棚を捨てない考え方ってどんなの?

てことで、いらなくなった棚を捨てます。

そうですね、もし、この棚を取っておくとしたら、どんな考え方をする?

  • もったいない、まだ使えるよー。
  • たたんでしまっておけば、場所も取らないし、いつか使うんじゃない?
  • 娘が大きくなって、1人暮らしするときに持っていくといいよ。
  • これ、いくらしたの? 高かったんじゃないの?
  • なにか、ここに入れられるんじゃない?

いろんな人の声でもうない再生してみると、ほんとうにいいそう、いわれそうな気がしてきました。

でも、捨てます。

わたしが決めて、わたしが捨てる。

それができることがすばらしいって、わかります。

ではまたー。

トップへ戻る