子連れでプールに行く40代主婦の水着は布面積が広いです。

SNSフォローボタン

カナヅチ40代主婦です。

過去にも、いまさら未来にも自分にビキニはない、とわかっています。

先日スーパー内ですれちがった若いママさんの胸元が、あと3センチくらいずれたらかんぺきポロリな気がするけど、あれはいいのか、ありなのか、ファッションなのか、どうなのか、と目をそらしてしましました。

つれていた子供にTシャツを引っ張られたのかなー、と思ったくらいに、えり首が下にびよーんと伸びていてですね、わたしは目をそらしてしまった、けど、あれは、オッケーなのか、判断できない状態でした。

見せているのか、見えていいものを下に着ていたのか、ジロジロできないし、でも正面に立たれたら、目のやり場にこまるくらいに首まわりがびよょーん、と。

スポンサーリンク

子供が小さいうちは、まさかのポロリに気をつけて

40代主婦水着、ラッシュトレンカ、サーフパンツ

つまりですね、子供の手がいろいろつかむ頃には、ポロリをさけるためにも、海やプールでのビキニやめたほうがいいよ、ってことなんです。

まぁ、そういうの、気にしない人はラッキースケベを提供するがいい。夏ってそういうものですし。

あらゆる意味で、子育て中の母親という女性たちは、ときに無防備だったり、なりふりかまってられない部分があるので、海やプールではあらかじめ気をつけておいたほうがいいっていうのが水着の選びかたです。

日焼け防止にはラッシュガードとラッシュトレンカ

娘は日焼けなんて気にせずに泳いでいます。

でも、休憩時間に寒いこともあるし、それでも子供は帰ろうとしないし、ということで、娘の分の長袖ラッシュガードも用意してあります。

わが家はわたしと娘が長袖ラッシュガード、夫と息子が半袖ラッシュガードです。

とくに夫は日焼けで赤くなることが多くて、もっと早くからラッシュガードを着ていればよかったね、と夫婦で話したくらいにプールの必須アイテムになっています。

夫の場合、肩の日焼けで赤くなることが多くて、よく見ると肩にそばかすができていました。

夫は色が白いので、日焼けしたいといっていたこともあるけれど、毎年じょうずにに焼けたことがなく、もう日焼けしたいとはいわなくなりました。

息子にはなぜかさいしょからラッシュガードを着せています。

娘とちがって、息子はおむつの頃からプールに連れていかなければならなくて、いろいろ用意しました。

息子の場合、水着の下にはくおむつをつけてプールにいった年があって、いまどきはこんなものがねぇ、とおどろいたものでした。

息子のかよった保育園ではけっこうラッシュガードを着ている子が多くて、むしろ小学校ではなぜラッシュガードなしなのかふしぎな気がします。

いまどきは学校の先生もラッシュガードを着てる場合が多いです。

保育園の先生だと、短パンTシャツでまにあってましたけど。

完全防備の水着を着るようになって変わったこと

フルジップのセパレートタイプの水着

いまわたしは、自分の水着ファッションに満足しています。

上はノースリーブのセパレートタイプの水着と長袖ラッシュガードです。

どちらもフルジップで、濡れたあとも脱ぎ着しやすいです。

ラッシュガードには指穴がついていて、手の甲までの日焼けを防いでくれます。

下はラッシュトレンカをはいて、さらに長めのサーフパンツをはいています。

トレンカタイプは足の甲までおおってくれるので、日焼け止め効果と、たぶん足長効果があります。

足首までのラッシュレギンスは、足首から先の日焼けは防げませんので、トレンカタイプのほうがいいです。

でも、やっぱりラッシュトレンカだと、足裏にあたる部分がどうしても床に接するので、今年チェックしてみたらちょっとけば立ってました。

こんな感じで、完全防備の水着一式をそろえておくと、40代主婦ももうプールがこわくないです。

カナヅチだけど。

カナヅチ40代主婦のくせに、いっちょまえにスイムキャップとゴーグルも装備しています。

ときどき、プールで顔をつけて、もぐることもありますので、ゴーグル必須です。

もちろん、うきわも手ばなせません。

子供がたのしみにしているプールに、ゆううつにならず、いっしょに行けるのは完全防備水着セットを完成させたおかげです。

布面積の広い水着の安心感。

夏の普段着よりも、水着スタイルのほうが肌の露出度がひくいです。ハッハー

ではまたー。

トップへ戻る