1人で手料理か、2人でコンビニ弁当か。

SNSフォローボタン

わたしが出入りしていた先のお店の従業員さんが話していたこと。

還暦に近い女性ですが、仕事がら若く見えるのです。

ひとまわりほど年上のご主人がいて、夫婦仲はとてもよい。

(年齢差があって、かわいがられている感じの愛され感です)

スポンサーリンク

そろって、いっしょに食べるほうがいい

老夫婦イメージ

けれど、その女性がつくづくこういったのです。

「手作りの料理をつくって、お皿に盛って、ラップをして冷蔵庫にいれて、ね。それを、主人がお昼に食べるの。自分は外に働きにいっているけど、主人にはちゃんと手料理を食べさせているわけ。でもね、そうじゃないの。そうじゃなかった。たとえ、コンビニのお弁当でもね、夫婦がそろって、いっしょに食べるほうがいい」

その話を聞いてからも、女性はお店で働きつづけていました。

わたしがその店に足を向けなくなって、それからどうなったのかはわかりません。

年をとったら、夫婦はおたがいしかいない、ともいっていました。

夫婦の1対1。

年寄りがそれぞれ寄りそって、ささえあって暮らしていく。

子供たちが独立して、孫が生まれる世代の話です。

遠いと思っていた先の話が、だいぶ近づいてきました。

子供の独立という山場があるので、まだまだ先ではあるのですが。

外からだけではわからない夫婦のありかたを考えさせられました。

それから、やとわれて働くということを。

やめさせてもらえない雰囲気だったわけです。

定年のない仕事だからこそ、自分で決めなければならない。

立つ鳥跡をにごさず、といいますが、にごさなければ立ち去ることのできない場所もあります。

アットホームな職場って、聞こえはいいけれど、たいせつにするべき家庭はほかにありますからね。

ではまたー。

トップへ戻る