小学校の不用品回収のおかげで捨てずに断捨離できました。

SNSフォローボタン

息子がかよっている小学校では、秋に毎年恒例の、校内まつりがあります。

その年によって、することがまちまちなのですが、家庭内の不用品をもちよることがあります。

今年の校内まつりでは、毛糸とハギレを使うそうです。

いままでもPTA役員による毛糸の回収はあったのですが、ハギレの回収はありませんでした。

こういう回収は、未使用品に限定されている場合もあれば、使用品でも回収してくれる場合があります。

スポンサーリンク

捨てずに断捨離できる機会がうれしい

布の断捨離、ハギレの断捨離

校内まつりの景品として使う場合は、シールとか鉛筆とかの未使用品限定です。

でも材料としての、毛糸や布(ハギレ)の場合は、新品でなくても使いかけで大丈夫なのです。

ああ、もうすこしはやく知らせてくれたなら、もっとハギレがあったのに。

布の断捨離をしてから、ストックはカゴに入る分だけと決めてます。

いまのわたしは、手元のハギレとおさらばしたい気分なのです。

なんというか、これからつくりたいな、と思う布との出会いをもとめて、いまあるハギレを手ばなしたいと思っていました。

家庭にそなえておきたい布は、名前を書く布として使える白い布です。

今回、校内まつりでの布の利用方法が、厚手の生地に向いてないみたいなので、子供向けの普通地をえらびました。

ゴミ箱に入れようと思っていたハギレを、小学校で使ってもらえる機会があってよかったです。

校内まつり当日に、ハギレが使われているのを見る機会があるかもー。

そういうのって、ちょっとうれしいですね。

かわいい柄をえらんで、息子に持たせようと思います。

ではまたー。

トップへ戻る