食器棚の断捨離をして、自分の手に合わせてカトラリーえらびました。

SNSフォローボタン

食器棚の引き出しにしまっているカトラリーを見直して、ふだん使っているフォークの買い替えについて考えました。

そういわれてみれば、外食のとき、フォークが大きいと感じていました。

スポンサーリンク

自分の手の大きさにあった道具

カイボイスン、デザートフォーク、断捨離後のカトラリー

わたしにはわたしに合った大きさのフォークがあるはず。

ということで、ディナーフォークを選ばずに、あえてデザートフォークを選びました。

なにがどうって、柄が短めですね、ということくらい。

いままで使っていたフォークの歯が3本だったのが不満でして、4本歯のフォークをさがしていました。

それから、シンプルなもので、つや消し加工がいい。

そう思って、スプーンとおなじメーカーのフォークを選びました。

子供の成長に合わせてスプーンを買い替えました。

カイボイスン、デザートフォーク、スプーン、断捨離後のカトラリー

ハシは自分の手の大きさから、自分に合ったサイズを選ぶ方法があります。

ちなみにわたしにぴったりのハシの長さは21cmです。

使い易い箸の選び方→http://www.f-shikki.com/hasinonagasa.htm

ナイフ、フォークにはそうした基準が見つかりませんでした。

手の大きさに合わせたナイフ、フォークのサイズ展開を見たことはないですから、とうぜんかもしれません。

しかし、やはり、わたしの手と夫の手を見比べるにしても、おなじ大きさのフォークを使わなければならないって、やっぱり無理がありました。

よそではともかく、せめて家では自分の手のサイズに合ったフォークを使っていこうと思います。

ではまたー。

トップへ戻る