「貧乏しても米だけはいいものを買え」という話。

SNSフォローボタン

白いごはんが好きです。

いまわが家のお米は、義母の親戚筋の人から買っています。

ときどき、送ってもらっています。

まにあわないときは生協で買っています。

お店には安いお米も売っていますが、そういうお米は買っていません。

かつて、ある落語家さんが師匠にいわれたという言葉を思い出します。

「貧乏しても米だけはいいものを買え」

なぜって、いいお米はおいしいから、おかずがなくても食べられるというわけです。

わかります。

スポンサーリンク

値段でえらんだお米の味

ごはんイメージ

じつは、もう何年も前になりますが、いちどだけ、とても安いお米を買ったことがあります。

コシヒカリが10㎏で1,980円くらいだったと思います。

「安いねー」といって夫といっしょに買ったのです。

これが、ほんとうにおいしくなかったのです。

びっくりするほど、おいしくありませんでした。

そもそもお米がやせていて、コシヒカリといっても古米とか、そういう古いお米だったのかな、とあとで思いました。

あまりにおいしくなくて食べられなくて、こまったあげく夫と相談してそのお米を捨てました。

お米を捨てたのは、あとにも先にもそのときだけです。

お米が値段によって、そんなにも味にちがいがあるなんて、わたしも夫も考えたことがありませんでした。

値段で買って後悔しました。

食べものって、わかりやすいです。

おいしいお米の記憶

おいしいお米はふっくら丸くて、つぶがきれいです。

炊くまえから、おいしそうに見えます。

もともとは、夫の実家でお米をつくっていて、それを送ってもらって食べていたのです。

自宅用のお米だから、天日干しです。

おいしいにきまっています。

おいしさって、そういう手間ひまにあらわれるのです。

たとえば、自宅の分は天日干しするけれど、農協に出す分は刈ると同時に脱穀して、籾(もみ)は乾燥機で乾燥させます。

そういうふうにしているのだそうです。

しかし、夫の実家も義母が高齢になり、田んぼを他人に貸すようになりました。

他人だからたいせつにつかってもらえない、と田んぼの土手がくずれた話を、義母がしていました。

わたしたちが食べているお米も、いまでは義母の親戚筋の人から買っています。

天日干しのお米を食べることは、もうできないのだろうと思います。

もし天日干しのお米を食べたいなら、自分たちでつくるしかない。

でも、きっとつくらないですねぇ。

農業がどれだけたいへんか、夫は知っていますから。

買う、ってかんたんにできます。

えらばずに買うなら、なおさらかんたんです。

でも、食べものはできるだけえらんで買いたいと思っています。

値段だけに注目して、買ってしまわないように気をつけたいです。

ではまたー。


トップへ戻る