Tシャツを捨てる、息子なりの基準です。

SNSフォローボタン

この夏休み、小学2年生の息子は、週に3日ほど子供ルーム(学童保育)にかよっています。

夏休み中は、汗をかいたときの着替えとして、毎日Tシャツを2枚持っていくことになっています。

スポンサーリンク

息子の決めた「もうこれ着ないから」

ユニクロTシャツ120cm

先週、息子から「もうこれ着ないから」と差し出されたのは120cmのTシャツです。

息子はいま、130cm弱です。

息子はやせがたなので、Tシャツを着た姿を見るかぎりはきつそうに見えません。

でも息子にいわせると、「ぬぎにくいんだよね」とのことでした。

そう、子供にとって脱ぎ着しにくい服は、もう着たくない服なのです。

子供の選択って、その理由はすごく単純明快です。

あ、なるほど、とこちらが感心してしまいます。

「この服はきついけど、ジャケットの下に着るから大丈夫」なんて、ごまかしがないのです。

だから、すぐ捨てられる。

子供にとっての服の着やすさってたいせつですからね。

着替えに手間取るものは、子供にいやがられます。

それでつい息子の着替えが、夏はいつもTシャツ、半ズボンになってしまいます。

半ズボンはウエストゴムで、ボタンやチャックのないものです。

スポーン、と脱げるもの。

息子にとって着やすい服、それはすこし大きめでゆとりがあるということ。

その基準からはずれたら、もうその服はいらないのです。

息子には息子なりの基準があります。

わたしもわたしなりの基準で、しかし、大人なのでたまには基準をはずしつつ、暮らしていこうと思います。

ではまたー。

トップへ戻る