講談社の青い鳥文庫、夏のプレゼントまつり!に応募しました。←娘が

SNSフォローボタン

青い鳥文庫、夏のプレゼントまつり、に応募したかった娘は、わたしが買った「物語ること、生きること」のオビに目をつけました。

(娘)「これ、もらっていい?」

(母)「いいよーォ」

こうして娘は、自分が買った「パスワード 探偵スクール」のオビと合わせて、講談社の青い鳥文庫、夏のプレゼントまつり!という全プレ(全員プレゼント)に応募することができたのでした。

スポンサーリンク

青い鳥文庫、夏のプレゼントまつり! とは?

青い鳥文庫、夏のプレゼントまつり!、応募はがき

中学1年の娘が欲しがっている、青い鳥文庫、夏のプレゼントまつり!というのは、スペシャル文房具福袋の全員プレゼントです。

その全プレに応募するには、本の帯についている応募券が2枚、必要なのでした。

スペシャル文具福袋の気になる中身とはー。

  • 人気キャラ大集合のカレンダー(2017年)
  • クリアファイル
  • 下じき
  • 読書ノート
  • ふせん
  • ほか

文具7種類のうち、明かされているのは5種類です。

すべて「青い鳥文庫」のオリジナルだそうです。

娘は、下じきが欲しいんだって。

とはいえ、これ、11月1日からの順次発送です。

いまは8月。

つい、さきのながい話だなー、と思ってしまったのですが、そもそもこの全プレの中身に来年のカレンダーがあるのだから、11月発送もしかたない気がします。

青い鳥文庫、夏のプレゼントまつり! という全プレ

全プレ、それはなつかしい響きをもつ言葉。

40代主婦の全プレといえば、「りぼん」ですがー。

全プレって、やっぱりいまもあるんだー、しかも児童文学とかジュブナイルとかの分野で、そういう企画をしているとは思わなかったです。

勝手なイメージだと、全プレって女の子向けっぽい企画だと思います。

青い鳥文庫って、べつに女の子向けってわけでもないのか、そうなのか、ちがうのか、わからんです。→男の子からのファンレターメッセージもあった

まあ、こういう読者サービスがあるってうれしいですよね、子供的には。

娘は青い鳥文庫のパスワードシリーズの、気になる最新刊だけ買っているという感じです。

なんだろう、1巻から順に集めるッ、という買いかたではないんですね。

娘が、コレクター的ではないことに安心します。

ではまたー。

トップへ戻る