女子中学生の娘が友達同士だけでプールに行ってきました。

SNSフォローボタン

この夏、中1の娘ははじめて友達といっしょに市民プールに行きました。

市民プールといっても、自転車ですぐ行けるところじゃありません。

電車に乗って、バスに乗り換えて行くのです。

ちなみに、わたくしども4人家族は、その市民プールへ行ったことがありません。

娘の友達はその市民プールへ行ったことのある子たちなので、娘は友達から話を聞きつつワクドキして当日をたのしみにしていました。

スポンサーリンク

女子中学生の市民プールの水着

スクール水着とスイムキャップ

娘はうといので、なんの疑問も持たずにスクール水着を着ていきました。

(娘は水着を着ていく派です。友達は水着を着ていかない派だったそうです)

でも、母はうすうす気づいていました。

帰宅した娘にたずねたところ、娘以外の友達はスクール水着じゃない水着(詳細は語らず)を着ていたそうです。ア、ヤッパリ

娘は、小学生のときには、スクール水着のほかに、スカート付きのワンピース水着を着ていました。

しかし、スイミングスクールにかよう娘がぐいぐい泳げるようになったとき、スカート付きのワンピース水着は泳ぎにくかったのです。

ということで、おととし買ったかわいい水着は1年で(しかも数回で)サヨウナラ。

で、去年の娘は、スイミングスクールの競泳タイプの水着を着て、家族とのプールをたのしんだのです。

今年の娘の水着をどうしよう、と母(40代主婦)は思っていました。

でも本人は、そういうことに気がつかないのです。

本気で泳ぐなら、競泳タイプの水着がいいにきまっています。

しかし、友達とキャッキャしたいなら、短パンがついているような、セットアップの水着がいいのかなー、と思うのです。←母は

ラッシュガードは持っているから、短パンだけ買って、スクール水着の上に着るのもいいかなー、と母は思うが、本人的にはどうなのか、わからんのです。

水着売り場にいったら、娘、目の色がかわるかもしれないし。

女子中学生と市民プール

子供同士でプールに行くことを禁じていたわけではないのですが、娘はいままで友達とプールに行ったことがありませんでした。

自転車で行けるような、近場の市民プールへも、かならず親子で行っていました。

しかも今回、娘が行った市民プールは親も行ったことがなく、どんな場所なのかようすがわからない、という状態です。

娘は未知の場所、しかも両親ですら行ったことのない場所へ、子供だけで行くということに緊張していました。

娘は、夏休み中の部活動の関係で日程は決まったものの、直前までどういう計画なのか、わたしに伝えませんでした。

直前になってから、娘と友達はLINEで話し合って、持ちものをきめたり、コンビニで前売券を買ったりしたみたいです。

そんな話を聞いていると、中学生って、もう勝手になんでもできてしまうのではないか、と。

成長したな、というたのもしい気持ちと、大丈夫かな、という不安と、ですね。

(親という字は、木のうえに立って見る、見るだけ見るだけッ)

女子中学生の市民プールへの準備に思ったこと

今回の娘の計画のなかで、思わず苦笑してしまったことがあります。

娘からお弁当はいらないといわれていたのですが、凍らせたジュースとお菓子、菓子パンを用意しておこうと思ったのです。

わたしが買いものを終えて、冷凍庫をあけてみると、そこには見覚えのあるものが入っていました。

ペットボトルのカルピスランチパック

まんま、かぶってるんですけどー。

わたしが買ったのはアルミパックのカルピス、味はちがうけどランチパックもいっしょです。

これらは子供とお出かけするときに、よく持っていくのです。

子供って、そういうところをまねしていくんだな、と感心しました。

ではまたー。

トップへ戻る