ただ炭酸水をお風呂あがりに飲むとき、希釈用ソルティライチを入れています。

SNSフォローボタン

ソルティライチの希釈用があるって、今月はじめて知った40代主婦です。

情報が遅いのはいつものことなので、気にしてなんかいられません。

いや、だって、ソルティライチがおうちでつくれるんですよッ。

それにさいきん、カルピス原液をただの炭酸水で割るのにもあきたでしょ?

なんか、ほかに、ただの炭酸水で割るもんないの?

そのくらい、くだけた気持ちになっちゃっていたわけです。

スポンサーリンク

ただの炭酸水で割れば、ソルティライチソーダのできあがりだよッ

希釈用ソルティライチ

しゅわしゅわー。

シュワッシュワッですよ、これは。

さいきんの炭酸ものって、炭酸よわいですよね、炭酸のくせにね。

いちじきスプライトですら微炭酸だったっていうか、こんなのわたしが知ってるスプライトじゃないよ、っていうくらい弱腰になっていて、さいきんまた炭酸つよめにしたっぽいのを飲みました。←夫からひとくち

そんなのがあって、ただの炭酸水の炭酸の強さにしびれるあこがれる的な。

そういう、きつい炭酸のソルティライチを自分好みにつくれるのが、よいです。

ただの炭酸水はあまくないから好き

ただの炭酸水、生協

ただの炭酸水のいいところは、あまくないところです。

わたしの父は、お酒にからきし弱くて、ビールならコップ1杯飲んで真っ赤になる人です。

でも父がいうには、のどが渇いたとき、冷えたあまいジュースなんて飲みたくなくて、そういうときに、ぐっとビールを飲みたいのだそうです。

わたしもお風呂あがりにただの炭酸水を飲みはじめて、父の気持ちがわかるようになりました。

あまいジュースではなくて、でも炭酸の刺激があって。

このきつい炭酸がおいしいんです。

と思っていたら、胃のポリープを摘出したという兄が、やはりただの炭酸水を飲んでいるといっていました。

ただの水でもなく、あまいジュースでもなく。

せいぜいレモンをしぼるくらい。

そのくらいの飲み方がちょうどいいと思っていました。

しかしこの夏は、自家製カルピスソーダに、自家製ソルティライチソーダ。

ジュース飲み放題です。

わたしはほんのり味付けするくらいの使用量なのですが、夫のつくるパイン味のカルピスソーダは濃くておどろきました。

夫にいわせると、わたしのがうすいのだそうです。

まー、わざと、うすーくつくっているんだけど、夫のは濃くて甘すぎ。

家族のカルピスソーダの濃さをあらわすとするならば、こんな感じです。

夫>息子>娘>妻

もっとも、わたしがカルピスをうすくつくっているのは、ソーダでつくるときだけで、水で割るときにはもう少し濃く、ふつうの味につくります。

ただの炭酸水でつくるときには、炭酸もきついし、味はほんのり、うすくていいのよ。

家族各自、ご勝手に、お好みの濃さでつくれるのがいいのよ。

ではまたー。

トップへ戻る