枚数にこだわらずに、とりあえず手ばなしてみます。

SNSフォローボタン

服って、ときどき思い出ジャンルになってしまうことがあります。

当時、ちょっと高い買いものだな、という記憶とともに買いました。

3年あまり、整体スクールで苦楽をともにした、ジャージ。

ジャージって、汗の記憶とつながるからなのかもしれません。

この灰色のジャージパンツは、わたしが整体スクールで学んでいたときに愛用していました。

スクールを卒業したあとは、部屋着として、あるいは小学校の活動的な行事に参加するときの運動服として、着用していました。

ここちよい肌触り、やわらかな伸びごこち。

しかし、とうとつにわき起こった、もういいんじゃないかな感。

スポンサーリンク

6年がんばった、もうかんにんしてやれ、な?

ナイキのドライフィット

かれこれ、まる6年になるじゃないですか、と気づいたのです。

もう十分です。

てろーんです。

服というものは、ある日とつぜんに、手放してもいい気持におそわれます。

いや、6年もたてばね、そりゃあねぇ。

もともとジャージってあまり好きではなくて、わざわざ必要かっていうと、もうそうでもないんですよね。

いまのわたしにはー。

いまもめっちゃストレッチきいてるパンツはいてるし。

小学校の行事なら、これで十分だなー、と。

そうすると、パジャマをのぞいたら、わたしのボトムスは3本です。

ツイル生地の1本を処分しようと思っていましたが、はきつづけています。

今年の冬は、白パンツをフル活用する予定です。

ジーンズに心がゆれ動く今日このごろ。

でも、優先順位はセーターです。

ではまたー。

トップへ戻る