自分でコントロールできるものだから捨てられます。

SNSフォローボタン

この世に生まれて40数年。

とりたてて、とんでもない人生を送ってきたわけでもなし。

さりとて、なんにもない生き方をしてきたわけでもありません。

ただ、いっさいが過ぎてゆくような日々に思うのは、自分ではどーにもならんことがあるのよなぁ、ということです。

どーにもならん出来事が、ハプニングが起こります。

あれをこうして、これをそうしておけば、起こらなかったかもしれませんが、それでもまた、べつのことが起こります。

自分でコントロールできない部分て、そんなものです。

やきもきしても、どうにもならないのだ、と。

だから、せめて、自分で変えることのできる部分を変えていこうか、と。

スポンサーリンク

捨てる判断を他人にまかせない

古いHTMLの本

かれこれ20年ちかくまえの本です。

当時はやりのジオシティーズで、ホームページをつくったときにつかいました。

わたしがいまこうしてなぜかブログを書いているのも、はじまりはそこからです。

もう時代おくれですし、捨てていい本なのに、うっかり夫に手渡してしまいました。

なんて感傷的なHTML解説本。

むかしはね、調べるといったら本でしたよ。

本を片手にがんばった、がんばったなぁ自分、という過去がにじみ出ているぼろぼろのインデックスシールに酔いしれている40代主婦かー、と思ったので捨てます。

夫に手渡したとき、わたしはこの本のコントロールを放棄したのです。

しかしどう考えても、この本はもういらない。

よくつかいました。さよならです。

ではまたー。

トップへ戻る