シンプルなもの、特徴のないものをえらぶ理由。

SNSフォローボタン

これからはさらに、シンプルなものをえらぼう。

40代主婦にそう思わせた出来事があります。

そう、かぶりです。

もろかぶりだったのです。

しかも、逃げることのできない、電車内。

相手は20代の若いお嬢さん。

ごめんなさい、ごめんなさい、40代主婦なのに頭におなじシュシュくっつけちゃってごめんなさいー。

心でわびつづけました。

まー、ねー。

ダイソーだもの、しかたないよねー。

それにしても、自分のものって、他人の頭についてるとすぐに気がつくのねー、めざといねー。ハッハー

そんなことがありまして、それでもこりずに、そのシュシュをしつこく使いつづけていました。

だって40代主婦のシュシュは、それひとつだけだから。ミニマルミニマルッ

スポンサーリンク

シュシュを買いかえた理由

シュシュ3こ

そして、ある日、わたしのシュシュは、またしてもかぶったのです。

前回同様もろかぶり、色までいっしょです。

相手はやっぱり20代の若いお嬢さん。

ある意味、20代の若いお嬢さんですけどー、息子の担任の先生なんだけどぉおおおおッ。

あの、2者面談ですぅ。

2者面談中にね、気づいたの。

めざといの、わたし。

わたしの手は、とっさに髪に伸びました。

はずすことはできない、はずすことはできないけど、せめてずらせ。

片手でさりげなく、左寄りに止めていたシュシュを、ど真ん中へ。

正面から見ている分には、わたしのシュシュぜったい見えない、だいじょうぶッ。

でも、そんな40代主婦の気づかいもむなしく、担任の先生は教室の出口まで見送って下さるわけです。

わたしの無防備なうしろ姿。スンマセン、スンマセン

わたしは反省しましたよ。

もっとシンプルに、さらに特徴のないものを買わなくちゃだめだ。

限界まで特徴がなくて、これはもう、まるかぶりですわーってなっても、なんの動揺もおぼえないくらいの無味乾燥レベルで。

そう心に決めた40代主婦のシュシュは紺無地です。

模様もふちどりも、いっさいありません。

たとえまるかぶりしてもスルーできるのって、こんなタイプです。

ではまたー。

トップへ戻る