化粧品の断捨離を終えてから3年たちました。

SNSフォローボタン

けっきょく、化粧品をフルセットで持ったことはないような気がします。

自分ではフルメイクができないまま、40歳の峠を越えました。

化粧しない女はなんとかかんとかな発言を思うと、わたしはもう別世界に生きているようなものでして。

だから、もう、化粧品とかスキンケア以前の問題でありまして、ね。

スポンサーリンク

これがわたしの化粧品なんですけどもー

化粧品の断捨離

  • 日焼け止め
  • アイブローブラシ
  • 眉毛用のハサミ
  • 毛抜き
  • ねり香水

毎朝わたしが顔につけているものは、日焼け止めです。

ポンプ式の日焼け止めならなんでもよくて、いまはニベアの日焼け止めジェルをつかっています。

アイブローブラシは20年近くつかっているのかもしれないです。

汚れていて、歯が欠けている部分もあるのですが、おなじ型のものをさがしたとき見つからなくて、そのまま古いのをつかいつづけています。

さがしつづけるだけの情熱はなく、まさかこれを写真にとる日がくるとは思いもしませんでした。ワーイ

眉毛用のハサミはアイブローブラシとセットだったような気がします。たぶん。

カバーがあったのですが、なくしてしまったぽいです。

眉毛は数ヵ月に1回くらい、ざくざくとカットして手入れします。

自前の眉毛で足りているので、アイブロウペンシルは持っていません。

毛抜きは念のために1本持ってます。

ねり香水は今年、女性としてどうなのか自分、と思ったときに買いました。クンカクンカ

むかしから化粧品て、ろくに持ってなかったんですよね

わたしの興味は化粧品に向いていなかった、ということです。

いちばんよくつかっていたのがなつかしの洗顔料パパ・ウォッシュでした。

ニキビ顔がいやでねー。

そんな顔に化粧したって、ねー。

毛穴がねー。

それでも熊野ブラシは、セットで買って持っていましたッ。

やわらかくって、気持ちよかったよねー、さわるの好きだった、という感想しかないので、ほんと、いらないです。

口紅といえば、棒状のふつうの口紅を、3本くらいは買ったことがあるかもしれません。←40年以上生きているのだがー

いちどとして、つかい終わったことがないんです。ムダムダムダムダムダッ

ファンデーションも、リキッドファンデーションも、つかい終わったことがなくて、ですね。

それで、断捨離のときに、ガーッとポーチごとブラシも捨てました。

その後も化粧水と乳液はつづけていたのですが、いまは日焼け止めだけです。

口紅くらい持ってなくちゃね、とドラッグストアでパレット状の口紅を買ってもつかい終わらないし。

それ、何回くり返すのか、と。

○○を持ってなくちゃヘンだよね、女性なんだし○○くらい持ってないとおかしいよね、と欲しくないものを買ってはむだにしてきたなァ、というのがわたしにとっての化粧品でした。

だからもう、買わないんじゃないかな。

いまの生活、いまの自分には必要ないです。

ありがたいことに、強制されることもありません。

たとえば、年老いたわたしがかぎりなくオッサンにちかづいていって、こりゃあ口紅でもぬってないと、誤解されるなァ、ってなったら化粧します。きっとします。

まーね、化粧水くらいは、つかってもいいんじゃないか、と思いますけど。

フタ開けるのめんどうだから、ポンプ式のがあれば。

ではまたー。

トップへ戻る