キャンパスダイアリーのマンスリータイプを毎年サブ手帳にしています。

SNSフォローボタン

毎年買っていたキャンパスダイアリーが店頭に見つかりませんでした。

売り切れというよりは、さいしょから仕入れなかったのではないかとうたがいつつ、近所の書店と大手スーパーの文房具売り場をあとにしたのです。

いつも買っているものが、店頭からなくなるの、こーまーるー。

そういうことをするから、アマゾンさんで買っちゃうんじゃないですかッ。

ということで今年はアマゾンさんにお世話になりました。

キャンパスダイアリーは毎年買っているから、中身を確認するまでもないんですよね。

スポンサーリンク

キャンパスダイアリーのシンプルさ

キャンパスダイアリー2017年、限定柄

キャンパスダイアリーを買うのはこれで7冊目です。

(正確には去年の1冊を娘に取りあげられて~、買い直したから8冊目ですが)

2017年の限定柄は水玉レース柄でした。

えーと、水玉かレースか、どっちかひとつでよかったです、と40代主婦は思うのですが、こういうものはあえて自分が選ばないものを選んでいくのがたのしいよねってことで、まー、うん。イイヨーイイヨー

シンプルでつかいやすいのがキャンパスダイアリーのいいところ。

2017年のキャンパスダイアリーには「イイコトVOICE」「1週間の決まりごと」がなくなりました。

イイコトVOICEについては、いらんだろ、と思ってましたが、1週間の決まりごとはちょっと気に入っていたんですけど。

キャンパスダイアリー2017年と2016年

2016年の1週間の決まりごとには、フリクションスタンプの○を利用して時間を入れていました。

キャンパスダイアリー2016年

時間と決まりごとの内容を書いて、だいたいの日課を把握するという。

わたしはキャンパスダイアリーをサブとして使っているので、メインの手帳に書けばいいのですが。

てことで、結論としてキャンパスダイアリーはこのままでいいよ、と。

2017年のキャンパスダイアリーではアンケートを募集しているのですが、もう、よけいなことはしなくていいです、とお伝えしたいです。

こういう手帳のアンケートって、1,500円くらいする手帳だとアンケートはがきをはさんでおくんだけれども、キャンパスダイアリーでは開いて最初の年間カレンダーのページのすみに、アンケートについて記載してあります。

デザイン的には美しさが半減してしまうのですが、コスト的には正しいです。

と妙なところに感心しつつ、キャンパスダイアリーのシンプルさに安心するのでした。

今年もぶじに来年のキャンパスダイアリーが手に入ってよかったです。

いよいよ年末感が押しよせてまいりましたなぁ。

ではまたー。

トップへ戻る