書けなくなった油性ペンを断捨離しようと思ったら。

SNSフォローボタン

先週から、子供の領域に手を出している40代主婦です。

娘が成長して、さくっと捨てられるかな、と思うものが出てきました。

文房具類は息子がいるから、まとめて置いてあります。

しかしそろそろ、コレいらないんじゃないの、と見直したものがあります。

そう、ペンです。

油性ペン、セットで買った油性ペン、マッキーがありました。

スポンサーリンク

マッキーの油性ペンは7年もの

マッキーの油性ペン、8色セット

かれこれ、7年前にはわが家にありました。

マッキーの油性マーカー、8本組です。

おもに、ダンボール工作に活躍しました。

さいきん、子供たちはつかっていません。

さすがに書けないペンもあるだろう、とためし書きをしてみました。

すると以外にも、つかなくなっていたのは1本だけ。

茶色のマッキーだけが太字も細字もかすれていたのです。

ほかの色は、黒ですらまだ書けました。←オドロキ

マッキーの油性ペン

予想外の結末です。

もっと、書けないペンがたくさんあるだろうと思っていました。

この油性ペンを買ったのは、娘が幼稚園のときです。

かれこれ7年以上はわが家にあります。

黒ですらつかいきらないのかよ、と思われたかもしれませんが、黒だけはおまけとしてもう1本、べつにあったのです。

で、今年、そのおまけの1本がかすれてきたから捨てたんですけど。

マッキーって、ちゃんとふたをしていれば、すごく長持ちするってことなのでしょうか。

物持ちのよさにおどろきました。

8色セットのね、半分くらいはね、捨てられると思ったんですよね。

子供の目のまえで、ためし書きをしていたんですけど「茶色以外はみんな大丈夫だね」と、ふたたび油性ペンをケースの中にもどす40代母。

わたしの計画とチガーウ。

まあ、そういうこともあります。

子供の成長にあわせてものを見直しつつ、少しずつ。ポイポイ

ではまたー。

トップへ戻る