ものを買わなくなったなー、とつくづく思うのはこんなときです。

SNSフォローボタン

夫婦2人、子供2人の4人家族です。

末っ子同士の結婚、嫁入り道具はいっさいなし。

そうした条件があったから、ものが少ない、ものが捨てやすかったのかもしれません。

嫁入り道具にタンスやドレッサーがあったら、そりゃあ捨てにくいですよねー。

うんざりするほど、うしろめたいほど、ものを捨てて変わったことといえば。

ものを買わなくなりました。

そして、ものを買わないから、わが家にはあれがありません。

スポンサーリンク

紙袋のストックは1枚もない

紙袋イメージ

そう、気がつくとわが家には紙袋が1枚もなかったのです。

最期に紙袋を手にしたのは、今年の夏、夫が帰省のおみやげを買ったときです。

そんな貴重な紙袋をわが家でどのように使っているかというと。

リサイクルゴミとしての雑紙入れ、です。

紙袋に雑紙(ティッシュペーパーの空箱、トイレットペーパーの芯、お菓子の空き箱など)を入れて、ヒモでしばって週1のリサイクルゴミの回収に出します。

しかし、この数年、わが家に紙袋はないのがあたりまえ。

でも、雑紙をまとめるには紙袋に入れるのがなんといっても簡単です。

そこで、いま、わたしがいちばんよく利用している方法が、新聞回収の袋に雑紙を入れるという方法。

新聞回収の袋って、新聞屋さんが集金のときに3枚持ってきてくれるので、いつもあまっていました。

まー、それでなんとか乗り越えてます。

わが家にとっての紙袋は雑紙入れで、月に2、3回くらい捨てています。

入ってくる量よりも、出していく量のほうが多いのです。

紙袋って必要か、といったら、べつに必要なものではありません。

雑紙をまとめるなら、ばらけないようにヒモでしばって捨てればいいのですし、なければないでなんとでもなります。

紙袋がどうしても必要な場合には、100均で買えばいいのですし。

学校に持っていくものとして紙袋があげられていたら、指定されたサイズの紙袋を買うことでしょう。

図工の材料とか、大きな荷物を持ち帰るときとか、ですね。

必要が生じてから買えばいいじゃないかー、紙袋ー、というわけです。

ではまたー。

トップへ戻る