大切に保管、と赤文字で書いてあるけど捨てていいモノ。

SNSフォローボタン

書類と格闘中の40代主婦です。

以前の断捨離が中途半端におわったのも、紙もののせいなんですよね。

あと、中途半端な自分の覚悟というかー。

まー、そういうもろもろのー。

今回、書類の保存にうるさい夫が、丸投げしてきた(自分ではやりたくないからね)ので、思っていたよりも捨てていけそうです。

家電の取り扱い説明書も、今回どっさり捨てていきます。

だって、ほんとうにいらないんですよ。ビックリ

スポンサーリンク

大切に保管、という赤文字

大切に保管。無線LANルーターに付属していたCD-ROMの注意書き

いまどき取扱説明書なんて、メーカーのサイトに行けばPDFファイルで置いてあるのだ、と。

で、念のため、確認したんですよね。

だって、大切に保管してください、って赤文字になってるし?

2011年に購入した無線LANルーターに付属していたCD-ROMです。

もちろん、メーカーのサイトにありました。

ダウンロードすればいいのです。

捨ててよしッ。

赤文字でわざわざ注意書きがしてあるCD-ROMですら、いまとなっては捨てて大丈夫。

だったら、もう紙の取扱説明書だって、ぜんぶいらないなぁ、という気分。

そんなふうにして、取扱説明書は捨てていいものだ、と納得できたので捨てました。

じわじわとわが家の書類が減っていきます。

スマホにはぶ厚い取扱説明書なんてついてなかった

今年、わが家では3人分のスマホを購入ました。

そして、どれひとつとしてぶ厚い取扱説明書なんてついてないのです。

これがいまどきの、電化製品の在り方なのだ。

スマホ買うんだったらさ、ネットで見ればいいじゃん、ってことですよね。

そして、そのとおりです。

そんなわけで、取扱説明書がごっそり捨てられました。

できたよー、捨てたよー。

ではまたー。

トップへ戻る