年末、という大きな区切りを意識しています。

SNSフォローボタン

週刊少年ジャンプが40号を超えると、年末が近づいてきたなー、と。

50号をすぎたら、いよいよ年末です。

じりじりと、1日1日近づいてくる年末の感じ方は人それぞれですが。

先月から、不燃ゴミを捨てるときに、ふだんの倍くらいゴミが捨ててあって、これも年末だな、と。

赤ちゃんのおもちゃ、男の子のおもちゃ、と大量に捨てられているのを見ました。

子供を育てるって、こんなにもモノが必要なのか、と。

おりを見て処分していかなきゃ、あふれますよねぇ。

などと、人のゴミを見て、気合を入れる40代主婦です。ステルヨー

スポンサーリンク

1日、1週間、1ヶ月

機関車トーマス缶

1年というのは、年に1度の大きな区切りです。アタリマエデスガ

あたらしい年へのワクワク感があります。

あたらしい年を迎えるおごそかな気持ちからか、今年のうちにかたをつけたい、身ぎれいにしたい、と思うのが年末のこの時期です。

まっさらな新年をスッキリきれいに迎えたい。

そう思って、片づけが加速しています。

いや、加速しています、と書くことによって、加速させたいのです。

書いてる場合じゃないだろ、という心の声を聞きつつ、書いてます。

だって、スッキリきれいにするのが、こわいっていう気持ちがあるんです。

いままで、スッキリきれいな空間で生活したことなんてないから。

未知の領域です。

でも、未知の領域といえば、いまわたしの手元にはマンガ本がありません。

今月、宅配買取を利用して、さらにバーコードのない本をリサイクルゴミの回収に出して、ぜんぶ手放してしまいました。

まー、週刊少年ジャンプは買ってるんですけどね。

少女マンガが手元にないの状態なんて、40年ぶりくらいじゃないかな。

いつだって手をのばせばそこに、少女マンガがあったのに。

いま手元に置いてあるのは、雑誌と小説の類だけです。

まー、1年のおわりという大きな節目を前に、いまだからできること。

いまのわたしならできること、していきます。

ではまたー。

トップへ戻る