カーテンにカビが生えたら新品と交換していた頃。

SNSフォローボタン

結露をふく習慣がなかったこと。

窓をふく習慣がなかったこと。

そんなこんなで、真っ白なカーテンは2年くらいでカビの温床になっていました。

結露をふくものだと知らなかった30代当時、世の中の主婦は毎日そんなことをしているのかと驚きました。

だらしない主婦の受ける衝撃って、だいたいこんなのです。

皿をふいてから棚にしまう、とか。

ヤカンをみがく、とか。

そういうひとつひとつの、あったりまえのことが衝撃的でした。

スポンサーリンク

カーテンにカビが生えるのをながめる日々

カーテンイメージ

とにかく窓の結露はひどくて、冬にはびしょびしょになっています。

でも結露をふくという考えはなくて、自然乾燥するものだと思っていました。

洗い終えた皿を自然乾燥させてから、食器棚にしまうように。

結露に濡れた窓も、自然乾燥でかわくからいいと思っていました。

そうして、わが家のカーテンは日増しにカビていったわけです。

で、カビたカーテンが窓にぶら下がっていることに、とうとう耐えられなくなったとき、新品と交換しました。

だいたい、約2年で交換です。

そんなことをくり返しておりましたが、これはいかんな、と思いまして。

カーテンの洗濯を始めました。

浴槽にキッチンハイターをたっぷりそそいで、レースカーテンのつけおき漂白。

厚手カーテンはカビハイターをひたすらシュッシュ。

こうなるまで見て見ぬふりをしてきた自分について、深いため息をはきつつ、カーテンを洗うついでの窓ふきです。

毎日こうして窓ふきをしていれば、結露によるカビもなく、塩素系の洗剤をドバドバ使わないカーテンの洗濯ですむのにな、と。

汚れをため込む習慣が身に染みついている40代主婦です。

部屋も身体とおなじで、老廃物を出さなければー。

部屋も身体も、キレイなものを循環させたい。

そんな気持ちで、よい習慣が身につくように日々を過ごしています。

ではまたー。

トップへ戻る