小学校のPTA役員を2回してみたら、予算不足が加速していました。

SNSフォローボタン

毎年、11月には息子のかよう小学校で、PTA主催のお祭りがあります。

子供たちをたのしませるための秋祭りです。

開催場所には小学校の校舎と体育館をつかっていて、子供たちは自由にあちこちを見てまわります。

そのPTA主催の秋祭りには、持ちよりのバザーがあります。

生活用品など、未使用のもの。

本だけは中古も可。

食べものは禁止、といった感じです。

数年前から始まったこのバザー、PTAの予算不足を解消するために始まりました。

スポンサーリンク

PTAの収入が減少しているらしい

校舎イメージ

現在中1の娘が在学していた頃から、PTAの収入は減っていました。

というのも、娘が入学する数年前から、PTA役員による近隣の古紙回収がなくなったのです。

じつはこれが、PTAの収入をささえていたみたいなんですね。

でも、近隣のみなさまのご協力あっての古紙回収であり、担当するPTA役員の負担も大きかったらしいのです。

まー、負担が大きかったからこそ、実入りも大きかったわけでございましてー。

減少するPTAの収入への危機感から始まったのが、秋祭り開催時のバザーなんですね。

切実なんですね。

PTAの収入が減って、予算が削られて

わたしがPTAの役員になったのは、娘が1年生のときと息子が1年生のときです。

5年の月日が経っていました。

その5年間でどのくらい予算が削られたのか、具体的にはわかりませんが。

たとえば、保護者参加の某行事のときの予算1万円がまるっとなくなりました。

娘のときには、ぜったいに使わなくちゃならなかった1万円が、息子のときには0円です。

1学年3クラスとして計算してみると、18クラス分18万円が削られたわけです。

全体でどのくらいの予算が削られたのか、想像がつきませんが……。

そんなこんなで、PTAがはじめたのが、家庭の不用品を集めておこなうバザーでした。

今年は手芸品の取り扱いがあって、盛況だったみたいです。

よその小学校の話では

このあたりの小学校では、小学校版文化祭というか、PTA主催の秋祭りをおこなっています。

しかし、よその学校がどんなふうに秋祭りをおこなっているのか、知りませんでした。

あるとき、他所の小学校(仮にA小学校とします)にお勤めしている方とお話しする機会がありました。

息子のかよう小学校に遅れること2週、A小学校でもPTA主催の秋祭りがおこなわれるとのことでした。

そして、おどろきの事実。

A小学校では、秋祭りのゲームに参加するために、実費を払うというのです!

これにはいっしょに話を聞いていた息子もびっくりしていました。

金額はすくないのですが、子供たちは現金払いでゲームに参加するのだそうです。

息子のかよう小学校は、秋祭りのゲームは参加費無料です。

でもA小学校では、ゲームのほかに食べものの販売もあって、息子のかよう小学校よりも気合が入ってるのが伝わってきます。

A小学校にももちろんバザーがあって、当日のプログラムを見ると人気のあることがわかりました。←バザーの列について注意書きがあったので。

A小学校は、息子のかよう小学校よりも20年ほど歴史が古い小学校です。

学校がちがえば、PTA活動の内容もちがいます。

たぶん、A小学校のほうがPTA役員の負担は大きいでしょう。

息子のかよう小学校は、PTA役員の負担が少なくて、予算も少ない、と。

近隣のべつの小学校では、PTA自体がない、という話も聞きました。

まー、いまどきはPTAもいろいろ、PTA収入もいろいろ、ということですねぇ。

ではまたー。

トップへ戻る