その後の夫の断捨離、夫がポツンと捨てていました。

SNSフォローボタン

なんやかんやあって、あるとき急に捨てなきゃってなった40代主婦です。

フツーに捨てられない感じの夫と暮らしています。

中1と小2の息子には、ときどき「いらないものは捨てよう」の声かけをしております。

夫は、もう使わないモノ、昔のモノがわりと捨てられません。

そうかと思うと、義父(故人)からもらったというカメラを捨てたりしました。

いっきに片づけることはできないかもしれないけど、ポツポツ捨てていく夫。

スポンサーリンク

14年前のノート

夫の断捨離

古新聞のあいだから、ノートが出てきました。

娘の? 夫の?

こんなところに置いていたら、見つからなくなっちゃうよ、と思ってパラパラ見たら、夫の。

しかもさらに4冊、ノートが出てきました。

夫がむかし勤めていた会社で使っていたノート。

どうやら処分してほしいノートということでした。

日付が入っているのは、平成14年って14年前です。

夫は、もうその会社を退職しています。

こんなもの、いったいどこにあったのでしょう。

使うかも、と思った夫がとっておいたのでしょうか。

じつは退職後、夫はダンボールに1箱、会社のものをとっておいていました。

中身がなんなのか、わたしにはわかりませんでしたが。

会社に必要なものなら、会社に返すモノだし、会社にいらないモノなら、会社をやめた夫にもいらないモノです。

捨てていいモノのはずです。

でも、夫は必要になるかもしれないから、といって捨てようとしませんでした。

どんなにけしかけても捨てようとしないのです。

それで、わたしが捨てちゃったんですけど。←禁じ手

そんなことがあって、むかしの会社のものはもうない、と思っていました。

しかし、まだ、こんなものがあったかー。

そして、ポツンと捨てた夫。

さりげない断捨離。

そんな決意がなされた夫の内面は、40代妻にはわかりません。

でも、年末って人をそんな気持ちにさせるのかもしれないです。

ではまたー。

トップへ戻る