年末にコンサートに行くという思いがけないことになって。

SNSフォローボタン

暮れも押しせまった12月29日。

娘の観たいコンサートがあるというので。

40代母は、保護者としていっしょにコンサートを観に行きました。

年末にコンサートなんて、わたしの人生にはいままでありえなかったんですよね。

というのも、年末といえば、すなわち帰省だったからッ。

スポンサーリンク

帰省しない年末って、8年ぶり?

虹イメージ

息子が生まれた年末に、帰省しなかった年がありまして。

今年は、それ以来の帰省しない年末年始なのだわ。

いつもとちがう年末だから、いつもとちがう行動をしてもいいじゃないー。

というような気持ちがあったのかもしれませんし。

帰省を行事としていた娘への罪悪感があったのかもしれませーん。

まー、年末年始の帰省がないからこその、コンサートでした。

帰省の予定があったら、29日に丸1日外出するよゆうなんてありませーん。

しかも、案の定コンサート翌日のぐったり感ときたら。

いや、コンサートはたのしかったです。

立たなくてもいい種類のコンサートだったので、40代保護者も安心でした。

歌も1曲も知らなかったけど、だいじょうぶでした。

へぇええー、と感心しつつ、コンサートをたのしみー。

観客の性別やら年齢層やら会場の作りやら、なんというか、ふだん見ることのない、いままで見たことのなかったもろもろのものが、すごく新鮮で、へーほーふーんした40代母です。

前の席の女の子たちが手紙を書いていて、出待ちすんのかなーって思っていたら、コンサートが終わったあとに、玄関フロアに箱が設置されていて、その箱に入れるシステムなの。

手紙とか差し入れとかそういうものを入れる箱。

なんて親切なシステムなんだー、と思って、のぞいて帰りました。

娘も手紙を用意していて、箱に入れていました。オドロキ

コンサート会場では息子から借りてきた双眼鏡が大活躍

あと、わたし自身は大きなコンサート会場だーッ、と思っていましたが、実際に行ってみたら、ほどほどの会場でした。

ちょっと大きい市民ホール規模でした。

とはいえ当日引き換え券は、やっぱり~、の2階席でして。

舞台の上の人は、米粒ほど小さくはありませんでしたがー。

持ってきてよかった、息子の双眼鏡

見える見える、オーケストラの人の指の動きまでよく見えるわー。

というくらいよく見えて、顔も知らない人々のコンサートを観に行った40代主婦にはたいへん役立ちました。

息子がサンタさんにおねがいしたもの。

コンサート会場に保護者

保護者つれてコンサートってどうなのー? と思っておりましたが。

たぶん、わたし以外にも付きそい保護者っぽい人たちはいました。

年齢層としては若いお嬢さんたちがメインで。

年末に、背後から浴びる黄色い声。

新鮮です。

いろいろとよくわからないことが多かったのですが、わたしも娘も。

ほどほどの広さの会場で、初コンサートを経験した娘は「スゲェよかった」とくり返しておりました。ヨカッタヨカッタ

いっさいを投げ出して、娘についていったかいがあったというものです。ヤレヤレ

移動時間を入れたら、朝から晩までの1日仕事ですから。

この年の瀬に。

いや、信じられないことですが。

帰省しないと、こんなこともできちゃうんだなァ、と。

洗濯もあわただしくなく、よっゆう~。

あっちとこっちと2ヶ所に帰省するって、毎回たいへんなことだったんですよねぇ。

やめてみて、つくづくわかりました。

ではまたー。

トップへ戻る