私服の制服化は40代だからこそ、かんたん。

SNSフォローボタン

だんしゃりーだんしゃりー、とたくさんモノを捨てていきまして。

それで、いちばんかんたんに捨てていったのが服でした。

もともと着道楽ではありませんでしたし。

この数年の自分のスタイルは決まっていたからです。

とはいえ。

民族調の、フォークロアな、手仕事のような。

そういう衣類が好きでした。

好きでしたし、いまも好きです。

でも、自分が着るのはもうちがうなー、と。

そんなふうに、自分のことがわかったので、捨てました。

スポンサーリンク

40代までには、だいたい自分のことがわかってきました

私服の制服化、ワンパターン

自分の内面から外見、そうしたものがだいたいわかっている40代主婦です。

あるいは、わかったつもりになっている40代主婦です。

または、わかったつもりで自分を決めつけている40代主婦です。

実際に自分のことをわかっているかどうかはべつとしてー。

自分の着る服の方向性をひとつに決めました。

だから、服の断捨離を終えた3年前から、服の数が減ることはあっても増えていません。

40年も生きているなら、自分のスタイルがあるよね、ってことです。

自分の好きなものはコレとコレとー、とわかって。

わたしの場合、服にたいする熱意があまりなかったので、すんなり捨てられました。

捨てるのをためらうほどの高価な服、なんて一着も持っていませんでしたし。

いま着ているのは、定番です。

色もベーシックなもの。

地味な目立たない、埋没するスタイルです。

基本の色は、白黒紺青と決めています。

色的にも制服っぽいー。

服にこだわらない、服で個性を表現しないならば、そんなのです。

おしゃれに見せたいわけでもないので、ごくふつうに、でも、自分の好きなポイントはいくつかおさえて、選びます。

トレンチコートとボーダーは、自分にはないなー。

そんなのがわかっている40代主婦です。

ではまたー。

トップへ戻る