愛と幻想のすてきな奥さん。

SNSフォローボタン

レンジ機能しか使っていないオーブンレンジ。

ホットケーキしか焼かないホットプレート。

そうした使いこなせない調理器具を、キッチンに並べていた時期がありました。

キッチンから処分したものの多くは、けっきょく、わたしには使いこなせないモノだったのです。

そういう自分を、がっくりしつつも受け入れて、多くの調理器具を処分しました。

スポンサーリンク

キッチンにはあこがれとコンプレックスがあふれていた

キッチン、シンクのまわり

いまにして思えば、キッチンにたいするあこがれとコンプレックスが、つかいこなせない調理器具の山をきずいていました。

雑誌で見たかわいいナベ(ル・クルーゼだよ!)とか。

ネットで知った便利なサラダスピナー(OXOだよ!)とか。

いやー、買ったなァ。

でも重かったり、洗うのがめんどうだったりすると、使わなくなります。

わたしはそうでした。

雑誌に見る理想の主婦像に目がくらんで、ぽちっと購入。

そんな頃がありました。

だって、実際に使っている人が、コレイイヨーっていったら、自分だっていいモノが買いたいなって思うじゃないですかー。

で、また、だいたい、みんながいいよっていうモノはおなじだったりするんだよな、と。

自分にいいモノをさがすのは、自分が使ってみないとわからない。

自分に使いこなせないモノは処分して、自分に使い勝手のいいモノを残していく。

いいモノなんだけどねー、モノはいいんだけどねー、わたしには使いこなせんかったー。スマーン

そんな自分を受け入れて、無理のない家事をする。

自分に無理のないキッチンになりつつあるかなー。

すてきな奥さん幻想で買っていたものの多くは、処分しまして。

いまはこの、変わりばえのしない40代主婦が使うだけの調理器具が残っています。

そんなキッチン状況です。

ではまたー。

トップへ戻る