子供の服は、いまのサイズでそろえています。

SNSフォローボタン

やっすー、そう思ってTシャツをあれこれ買ってみたり。

さらにやっすーぃ、とサイズの大きいTシャツを買って。

そんなふうにして、アレ? いま子供のサイズっていくつだっけ?

と、お得感を求めて子供服を買っているうちに、実際の子供の背丈がわからなくなってしまったことがありました。

スポンサーリンク

子供サイズはわかりにくい

ユニクロTシャツ120cm

子供の服のサイズって、実寸の+10で考えて買っていました。

娘は標準サイズ、息子は細身です。

トップスは身長+10、ボトムスはジャストサイズがちょうどいい感じ。

(さすがに、中学生になった娘にはあてはまりません)

ぴったり過ぎると子供が着るときに、着にくいのでゆとりをもたせます。

息子の場合は、ちょっとズボンのゴムをつめる、という小技も使います。

息子は細身なので、身長は合っていても、ウェストがゆるいことがありまして。

ゴム穴つきはありがたいです。

息子がおさがりのTシャツを山のように持っていた頃がありました。

大きめのTシャツを着ていたら、1年2年と着ていて、さらに残しておいたTシャツでしたが。

いやいや、さすがにそれはー、と処分しました。

いまは、おさがりのTシャツも終わりました。

ルーム(学童保育)に置いておく着替えが2セット。

家の着替えが5セットです。

息子のファッションは冒険しないので、無地かブナンなボーダー。

足元は黒の瞬足が2足目だし。

この冬は気がつけば、なにやら暗色の男の子になってしまいました。

春になったら、息子のトップスは明るい色をえらんであげよう。

そんなふうに思っとります。

ではまたー。

トップへ戻る