3DSと父子像。

SNSフォローボタン

さいきん、夫と息子がなかよしです。

2人は娘のニンテンドー3DSを借りて、電波人間というゲームをしているのです。

早朝、あるいは夜中に、夫がなにをしているのかなーと部屋をのぞくと3DS を開いている、という場面になんども出くわしている40代妻です。

キャラクターのレベル上げの重要性を理解していない小2息子のために、夫が地道なレベル上げをしているらしいです。

週末、夫と息子は3DSを持って散歩に出かけます。

スポンサーリンク

ゲームがとりもつ父と子

ゲームイメージ

父と子はゲームによって結びつく、ような気がする。

そういう姿をよく見かける、ということです。

お父さんの得意分野としての、ゲーム。

男の中のあそびの部分、永遠の子供部分。

という感じで、わが家の父親たる夫もまた、息子となかよくゲームをしています。

電波人間というゲーム。

レベル上げて、いろいろなところに行けるようになるのがたのしい。

あたらしい電波人間をつかまえるのがたのしい。

ということらしいです。フーン

息子は自分とおなじ名前のキャラクターをたいせつにしているっぽい。

でも、そもそも娘の3DSなので、ときどき娘に「○○しても、いーい?」とおうかがいをたてて、許可をもらってからなにごとかしているらしいです。

もう、このあたりは、すっかりわたしのわからないことだらけで、会話にもちっともついていけません。

フーン、と聞いているだけの40代母です。

そういえば、娘が大きくなって、いっしょに外で遊ばなくなってから変わった気がします。

インドアです。

娘が息子とおなじ年くらいのときは、サッカーボールを持って、親子で外に出ていたよね?

うんざりしながら、外遊びにつき合っていた夫を思い出します。

それが、いまじゃ、どうだ?

やっぱり、下の子には手抜きになってしまうのでしょうか。

それとも子供の気質として、息子がインドア派だからでしょうか。

せめてもの運動に、息子をプールに通わせておいてよかったー、とつくづく思います。

この息子が5年後に中学校では体育で柔道をするって、ちょっと想像がつきません。

まー、しかし、なにがどうなってそうなるか、わからんものですし。

これからも見守ってゆきたいです。

ではまたー。

トップへ戻る