セルフ料理キットは未来の自分のためにつくっているわけです。

SNSフォローボタン

ちかごろ、生協の宅配に増えたのが料理キットのメニューです。

下ごしらえ済みの食材が、わが家の利用している生協のカタログにも増えました。

カット済みの野菜と肉のパック、調味料までがセットになっています。

あきらかに便利です。

でも料理キットは割高なので、利用したことがありませんでした。

スポンサーリンク

自分で、自分のために仕込みをする

あるとき、生協関係の集まりがありまして。

(生協の総代を務めている40代主婦です)

そのときにおなじテーブルの女性が「料理キットは割高なので、材料を参考にして自分でつくっています」と発言しました。

そっかー、自分でつくればいいんだー。ナルホドー

まてまて、それって、いつも自分がしていることだよねー。

料理キットって、材料をそろえてくれて、カットしてあって、自分はただ煮たり炒めたりすればいい状態。

下ごしらえ、あざっす状態です。

つまり、自分でそこまでしておけば、調理するときには、すごく楽だなー、と。

そんなこんなで、とりあえず時間のあるときに野菜をきざんだり、皮をむいたりしています。

魚や肉は下味をつけておいたり、ですね。

そういう地道な、こつこつ下ごしらえが、とっとと夕飯食べたいときに、とてつもなく40代主婦を助けてくれます。

過去の自分が、いまの自分を助けてくれる。

これが、セルフ料理キット

野菜のうまみがーとか、ビタミンがーとか、そういうのを気にしなければー。

野菜をきざんで、袋に入れておきます。

必要とあらば、袋からつかんでナベにぽい。

それだけでも、これは楽だなー、と自分で感心するほど。

そういえば、ヒマな店の厨房(←ブラック)にいたとき、なにかというと仕込みをしていました。

ヒマなときに仕込みをしておいて、いざというときにすぐ調理できるようにしておく、という。

時短ですね。

未来の自分のためにせっせと仕込みをしておく。

準備をしておくって、料理だけじゃないのだ、と。

そんな感じで、時間の活用をこころがけています。

ではまたー。

トップへ戻る