私服を制服化したかのようにいつもおなじ服装だから目印になるっぽいです。

SNSフォローボタン

先日、小学校へ行く用事がありまして。

しかし、小2の息子が見つからない。

2年生は総勢130人くらいなのですが、体育館に集合した彼らの中から、息子を見つけるのがいかに困難だったことか。

いちおうクラス別に並んでいるのだろうと見当をつけて、見覚えのある顔をさがして、息子のクラスはこのへんかなー、アッ、いたいた、やっと見つかったー。

そんな感じでした。

いっぽう息子はといえば「首のそれですぐにわかったよ」だって。

首に巻いているストール、いつもおんなじだもんね。アー、ナットク

スポンサーリンク

ファッションは自分というトレードマークみたいなもの

フカキ、ベビーキャッシュのストール

トレードマークはぶれないのだ。

というわけで、先日の学校行事にもいつもとおなじ服装で参加しました。

いつものストールだったので、息子はすぐに40代母を見つけることができたというわけです。

いつものコート、いつものストールです。

まー、それしかもっていないんですけどね。

今年の冬もまた、おなじ服で過ごしてしまった感があります。

もし、次にコートを手に入れるとしたら、黒だなー、できれば軽くて暖かい素材がいいなー、と思っています。

でもダウンコートは好きじゃなくて、トレンチコートも似合わないし、ボタンはシングル一択だし、といろいろ思うので、今年もコートとの出会いはありませんでした。

そもそも、買物自体がめんどうになってきた40代主婦です。

いや、もともと買物って1日仕事だし。

もし見つからなかったら、また来週ねっていう買物をしていたし、あんな足で探す買物なんて、いまできるかっていったら、したくないなーって思うし。

でも着るものに関しては、試着必須だなー、と思うことが往々にしてあるし。

ということで、今年も着たきり雀でした。

まー、私服の制服化とは、わたしのような40代主婦には都合のよい、もっともらしいファッション用語ですね。

ではまたー。

トップへ戻る