移動するだけでは片づかない、といまさら思いました。

SNSフォローボタン

中途半端はよくない、といわれます。

きちんと最後までしあげましょう、と。

ものごとに片をつけるって、そういうことではないかしら。

使わないものをしまって置くのも、中途半端なことで、だからいつまでも片づかないのではないかー。

あっちをこっちにこっちをあっちに、とパズルみたいに移動させて、ぴったりはまったーとよろこんでみても、モノの移動は片づけにはなりません。

広くて収納の多い家ならまだしも、わが家はせまい賃貸暮らしです。

スポンサーリンク

目に見えるものを減らすとスッキリする

キッチン断捨離、電子レンジ、炊飯器

見てないようでも見ている。

見たくなくても目に飛び込んでくる、視界からの情報。

これを脳がつねに処理している。

そんな話を聞いた覚えがあります。

情報が多すぎると、脳もつかれてしまうんだよ、とかなんとか。

なるほどなー、と思う40代主婦です。

キッチンのスチールラックを片づけて、ひさびさのスッキリ感を感じたのはたぶんそういうこと。

わたしが食事するとき、視界前方にあったのはスチールラックだったのです。

4段のスチールラックにはレンジとポットと引き出しと、捨てる予定のゴミと掃除用具と。

およそ食事に似つかわしくないモノがぞろぞろと入っていました。

だからたぶん、ずっと気にいらなかったんですよ。

もやっ、いらっ、という気分が、見るたびにふつふつとわきおこっていたのでしょう。

わたしの食事中に、視界から飛びこんでくる情報、夫の肩越しに見える雑多なモノ。

これはスッキリしたなー、と思えるなっとくのスッキリ感。

ひさびさ、あるいははじめてかもしれません。

ここまでモノを減らさないと、スッキリを感じられないのだというおどろき。

ありあわせの台にレンジと炊飯器を置いた一角。

台の横にフックをつけてなにかをぶら下がることもなく(スチールラックではやっていました)、ただ上にモノが置いてあるだけ。

これを標準として片づけていくことができれば、わが家にもスッキリが広がりそうです。

ではまたー。

トップへ戻る