折り紙の手裏剣づくりは、主婦の内職のごとしと見つけたり。

SNSフォローボタン

先週、小2息子に手裏剣づくりをたのまれました。

まとめて10数個つくらされるはめになった、もと抜け忍設定の40代主婦です。

息子になにが起こったのかわかりませんが、息子はとつじょ忍者になったのです。

いや、忍者修行中の身らしいです。

「こんなんじゃ、退学だ」といっていました。

忍者スクール的ななにか?

どこからどう始まったのかわかりませんが、息子は忍者をめざしています。

スポンサーリンク

手裏剣づくりは母の役目

折り紙の手裏剣

現在中学生の娘は、幼稚園児のときに「わたしが帰って来るまでに、手裏剣を30個つくっておいてね」といいました。

つくりましたよ、つくりました。

ほとんど内職のような作業を、もくもくとくり返した当時30代母。

いまでもなにも見ずに、40代母が折り紙で手裏剣をつくれるのは、当時の娘の有無をいわさぬ依頼のおかげさまです。

という思い出話を、息子が知っているはずもないのですが、とつぜん折り紙を持ってきて「手裏剣つくって」といい出しました。

息子も見よう見まねで作るのですが、折り方がどうにも雑でして。

ちゃんと机にひろげて、かどとかどをピシッと合わせるんだよ、とA型40代母がくり返しいうのに、O型小2息子は、空中で折り紙を折ってしまうのだなァ。

そんなこんなで、一晩のうちに10個くらい手裏剣が完成しました。

そして、その夜、わが家にまだおさない忍者が誕生したのです。

週末には、夫がめっちゃロックオンされていました。

まちぶせして手裏剣、部屋にさそい出して手裏剣。

とにかく、一方的に手裏剣の嵐が夫に降りそそぐのです。

息子は押入れのふすまに的をはりました。

「なかなか当たらないんだよ」と、忍者修行中の息子がいいます。

手裏剣を投げては拾い、拾っては投げる。

すばやく身をかわす、すばやく走る。

そんなことをくり返して終わった小2息子の週末。

いったい、息子になにが起こったのか。

だれもが忍者を目指す。

そんな時期があるのかもしれません。

ではまたー。

トップへ戻る