超合金マジンガーZに関する兄の日記とわたしの記憶。

SNSフォローボタン

ついつい、子供のノートの処分をためらってしまう40代母です。

子供の絵や文字にいとおしさを感じてしまうと、もうどうしようもなく、ノートを繰る手がとめられない、というような。

そんなセンチメンタルなものに取りつかれてしまうと、どうにも、なんにも捨てられなくなってしまうんじゃー。

この春休み、使わなくなった学用品を捨てていくどー、と思っとります。

スポンサーリンク

子供のときの記憶を取り出す

ノートとボールペンイメージ

自分のノートの記憶ではなく、兄の絵日記の記憶があります。

むかし、兄が(つまり3人のうちのひとりですが)、祖母から超合金のマジンガーZを買ってもらったときのことを絵日記に書いていました。

たしか、先生の赤ペンメッセージもあり、「超合金」という3文字の横に丸が書いてありました。

その絵日記を書いた当時の兄は、小学校低学年だったはず。

超合金という3文字を漢字で書いたことに対して、先生が丸をつけてくれたのです。

わたしの記憶のなかのマジンガーZは、塗装がはげて、ロケットパンチの片方がなくなっていたような、ぼろぼろのおもちゃでした。

兄に、なぜ祖母がマジンガーZを買ってくれたかというと、その兄が祖母の部屋で眠ったからでした。

祖母の部屋で眠った翌日、祖母はやさしくなっておもちゃを買ってくれたのだそうです。

兄はそのようにいっていました。

いまにして思うと、その日記は、兄の傑作日記だったのかもしれません。

母が保管していたのかと思っていましたが、兄が取っておいたものだったのかもしれません。

兄にとっての、うれしかった記憶だからです。

弟や妹に語るような、うれしい思い出だったのです。

それ以上に、兄にはうれしかった記憶がなかっただろうか。

そのように考えてしまうと、やはり、むかしのことに執着するのは、よくない気がするのです。

むかしのことばかりが、よく見えてしまうというのは。

いま、いろいろあるけど、こうして過ごしているのがいいんだ。

そういう気持ち。

いまをもっとよくしていこう、として日々を過ごす、とか。

そんなふうにして、その日その日、1日を過ごしていくような。

そーいうのがいい、と思えるような、そんなの。

そんなの、ですね。

わたしは、そんななの。

ではまたー。

トップへ戻る