大人げない神経衰弱。

SNSフォローボタン

大人げない神経衰弱をしてしまいました。アー

いまになって、思い出したのですが。

息子は、セブンブリッジで負けたから、神経衰弱で勝って、気持ちよくトランプ勝負を終えようとしたのだ。

忘れていた。

息子にとっては、そういう儀式的な神経衰弱だったのだ。アーア

スポンサーリンク

トランプという終わりのないアリジゴク

トランプタワー、4段

子供に1人でできるトランプゲームをしたい、といわれたので。

トランプタワーをすすめました。

そして、わたしは生まれてはじめて、トランプタワーを完成させました。

ワーイ。

畳の上であること、つかい込まれた紙のトランプであることが成功の秘訣ではないか。

めずらしく息子が「写真!」といって、パシャパシャ撮影。

その後トランプタワーは、けけ忍者の手裏剣によって、ぶじ破壊されました。

そして、トランプタワーはゲームではない、と息子に正論をいわれ。

うろ覚えのセブンブリッジが始まりました。

どんなんだっけ、と思いつつ、どうやら自己流のセブンブリッジを5回くらいやりまして。

引き分けがつづいたのち、わたしの2連勝。

そこで、おわりにする予定だったのですが。

息子が「しんけんすいじゃく」をしよう、というのです。

あー、はい。

神経衰弱は真剣にやっちゃうと、大人テクで勝ってしまうじゃない?

だから、手加減をするのだけど、もともとセブンブリッジで終わる予定だったから、40代母はイライラッとしていたわけなんです。

おんなじカードをまためくる息子に、イラッ。

そして、神経衰弱っていうのはこうやるんだよォオオオ、みたいな。

3枚取りとか、しちゃったりなんかして。

息子に「すごいね」っていわれて。

それで、それからまた、手を抜くと。

「しんけんにやってよ!」

といわれたりなんかしたりするわけなんです。

それで、大人げない大人が勝利し。

「もう1回!」←イラッ。

というような、ほんとうに、大人げなく。

神経衰弱はいずれも40代母の勝利に終わった。スマナイ

最後なんて、4枚取り、したったー。

われながら、どすぐろい、でも止まらない。

という、ほんとうに、すまない。

そういうトランプ、でした。

反省、してる。

すまない。

大人はね、長年の経験から、勝たずとも負けないくらいの戦いができるのです。

トランプって、運の要素もあるし。

今後の息子とのトランプでは、平常心をこころがけたいです。

ではまたー。

トップへ戻る