そのときは必要と思って買いましたが。

SNSフォローボタン

そのときはね。

そのときはそう思ったのだし、ムダとか失敗とか、そういう言葉で片づけるんじゃなくて。

そのときはそのとき、いまはいま。

なにかに使えるかもしれない、いつかのことを思うのではなくて、捨てます。

いまここで使うために買ったのだとしたら、いつかどこかのために取っておかなくてもいい。

スポンサーリンク

いま必要なものを置くだけ

ワイヤーネット処分

なんとなく、壁にかけていたワイヤーネットを処分しました。

不燃ゴミの袋に入れるために曲げたら、劣化していてポロポロと。

買った当時は使う目的があったのですが、引っ越してからは使えるから壁にかけていただけでした。

場所があれば、取っておいてもいいのかな、と思うモノもあります。

わが家では、子供たちが小さいときに使っていたモノはほとんど捨てました。

残してあるのは写真くらいなもので、服やおもちゃはいま使う分しかありません。

しがないアパート暮らしですから、捨てていかなければモノであふれてしまうのです。

ちょうど子供が成長していくときに、断捨離という考えかたに出会ったのはよいことでした。

捨てるのはもったいない、といわれて育ってきたから、捨てることに抵抗がありました。

でも、モノを減らさなければ、わたしにスッキリした生活はない。

そう思って、たくさん捨てました。

いまはモノを増やさないように心がけています。

安易にモノをもらわず、買わず、です。

まずは、家の中にモノを持ちこまないようにしています。

それから、見直して捨てることです。

いま現在、自分自身のものはだいぶ減りました。

さいきんは減らすことよりも、そろえていくことを考えています。

もうちょっといいモノを買いたい、と思う気持ちがありまして。

ただ、予算的にむずかしいので、ね。

ひとつひとつ、今月はパンツ。

というように、買っております40代主婦です。

ではまたー。

トップへ戻る